古くなった家を自分でリフォームするときの注意点

セルフリフォームに挑戦しよう

>

次第に剥がれてしまう

外壁が気になってきたら

住宅が建設された当時は、綺麗な外壁だったと思います。
しかし年数が経過することで、次第に塗装が剥がれるので気になってしまうでしょう。
見た目が良くないと思ったら、塗り直してください。
少し塗り直すぐらいだったら、業者に任せなくても自分でできます。
さっそくホームセンターに行き、塗料を購入しましょう。

この時は、外壁の色に合う塗料を選択することがポイントです。
少しでも色が異なっていると、塗り直した部分だけ目立ってしまいます。
パッケージに記載されている色だけではわからないので、サンプルを見ながら確認しましょう。
お店に行った時に悩まないよう外壁の写真を撮って、それを見ながらふさわしい塗料を購入するのが良い方法です。

高い位置での作業

低い位置なら大丈夫ですが、高い位置で作業する時は命綱を付けるなど、安全に気を付けてください。
高い位置から転落すると、大きな事故に繋がります。
また万が一の事態が起こってもすぐ助けを呼べるように、2人で作業するのが良い方法です。
塗料を塗る時は、少しずつ塗り重ねていきましょう。
いきなり大量の塗料を塗ると、ムラになって汚く見えてしまいます。

塗料の種類によって汚れが付きにくかったり、雨風からのダメージに耐えられたりするなど特徴が変わります。
優れた能力を持つ塗料は高額ですが、住んでいる地域によってはそのような塗料を選択した方が良いかもしれませんね。
前もってネットで、どのような種類の塗料があるのか調べましょう。


TOPへ戻る