古くなった家を自分でリフォームするときの注意点

セルフリフォームに挑戦しよう

>

どこをセルフリフォームするのか

業者は料金が高くなる

リフォームする際は、専門的な業者に任せなければいけないと思っていた人が多いと思います。
しかし壁紙を交換するぐらいだったら初心者でもできるので、まずは挑戦してください。
壁紙は安く購入できるので、費用削減に効果的です。
ただ、購入する壁紙のタイプに注意しましょう。
専用のノリが必要だったり、これまでの壁紙を剥がさなければいけなかったりするタイプは面倒な作業が増えるので、シールタイプの壁紙を選択してください。

シールタイプの壁紙なら、これまでの壁紙の上に直接貼れるので面倒な手間を削減できます。
イメージに合う壁紙を見つけて、セルフリフォームに取り組みましょう。
それだけでも部屋の雰囲気が変わり、新鮮な気分を味わえます。

綺麗に貼る際のコツ

何回でも貼り直しができますが、やり直しが多くなると粘着力が低下したり、シワになったりして汚くなります。
1回で綺麗に貼れるように、端から慎重に作業してください。
ゆっくり壁と壁紙を密着させることで、気泡が入らず綺麗に貼ることができます。
また、購入する壁紙のサイズにも注意しましょう。

小さい壁紙だと足りないので、大きいサイズを買って、手頃な大きさに自分でカットするのが良い方法です。
切りすぎないように、少しずつサイズを確認しましょう。
シールタイプの壁紙は、賃貸でも使える部分がメリットですね。
壁を傷つけたり汚したりすることはないので、どんどん使ってください。
退室する時に、壁紙を剥がして元の状態に戻せば大丈夫です。


TOPへ戻る