「あ行」の保険の用語集

「一部保険(いちぶほけん)」の用語解説

スポンサーリンク



ここでは、「一部保険(いちぶほけん)」の用語についての解説を行なっています。自分で生命保険に関する事柄を勉強したり、確認をしている時に気になる記事があったが、知らない用語が出てくると理解がくるしいと思います。そのような時に、「一部保険」に意味が不明な場合に、ここで「一部保険」の意味を理解してもらえればと思います。


一部保険(いちぶほけん)の用語解説

一部保険とは、損害保険での保険金の掛け方の方法のひとつの方法になります。具体的には、100万円の価値がある物を保険対象物とした場合に、100万円の全額を保障とするのではなく、100万円の半分の50万円というように、保証金額を少なめに設定する事を一部保険と言います。

つまり、保険対象物の全額ではなく、一部の金額についての保障を付ける保険を一部保険と言います。一部保険では、もしも、損害を受けたときに、損害額が保険金額の範囲内であった場合には、保険金額の実際の価格に対しての割合で保障される事になるので、保険金額が減額される事になります。

具体的には、100万円の価値があるものに一部保険で50万円の保障をかけていた場合を考えます。この場合は、50%が保障の対象額となります。この為、もしも40万円の損害をこうむった場合には、一部保険は50万円でありますが、50%が対象になりますので、40万円の全額が保障されずに20万円が保障されると言う事になります。


一部保険に関連する用語としては、「超過保険」と「全部保険」というものがあります。「超過保険」とは保険対象物の価額が100万円であるとしたら、この100万円よりも多い金額、例えば、150万円を保険金額として設定するものを言います。

次に、「全部保険」とは、保険対象物が100万円の場合に、保険金の金額も同額の100万円を設定する保険になります。このように、保険の金額のかけ方については、「一部保険」、「超過保険」、「全部保険」という3つに分類する事が出来ます。

ただし、損害保険の場合には、保険金の支払いに関しての制限が設けられています。これは、損害保険の保険金の支払いで利得を得ては行かないというものです。その為、もしもの時に多くのお金がもらえたいと思い、超過保険で加入していたとしても超過部分は向こうとなってしまいますので注意が必要です。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2013年04月25日 11:45