「あ行」の保険の用語集

「一時払変額保険(いちじばらいへんがくほけん)」の用語解説

スポンサーリンク



ここでは、「一時払変額保険(いちじばらいへんがくほけん)」の用語についての解説を行なっています。自分で生命保険に関する事柄を勉強したり、確認をしている時に気になる記事があったが、知らない用語が出てくると理解がくるしいと思います。そのような時に、「一時払変額保険」に意味が不明な場合に、ここで「一時払変額保険」の意味を理解してもらえればと思います。

一時払変額保険(いちじばらいへんがくほけん)の用語解説

一時払変額保険とは、一時払いで保険料を支払う形式の変額保険です。保険料を一時払いにする事によって、税法上では「金融類似商品」に分類されます。このような金融類似商品には、一時払変額保険以外には一時払養老保険などが有名です。

このような金融類似商品に該当する保険は、5年以内に満期や解約が訪れる保険において、支払った保険料と満期保険金などで受け取ることが出来る金額の差益に対しては、20%という割合で源泉分離課税で税金がかけられることになります。


また、一時払変額保険の変額保険については、保険会社が債権や株式などを中心に預けた保険料を資産として運用する事になります。この保険会社が運用した場合には、運用実績によって保険金や解約返戻金の金額が増えたり、減ったりする事になります。

もともと、このように変額保険では、株式や債券で運用する形式になっているので、投資リスクがあり、この投資リスクについては保険加入者である個人が負うことなっています。


変額保険の場合には、被保険者が死亡した場合には、保険金を受け取ることが出来ますが、その保険金は、「基本保険金」と「変動保険金」と言ったような2つに分類する事が出来ます。変額保険の保険料の最低保証として、「基本保険金」が当てられます。

そして、「変動保険金」の部分については、運用実績によって変動保険金がプラスになる事もあれば、マイナスになる事もあると言ったような部分になります。この為、変動保険金の部分についてはマイナスになる可能性もあります。


変額保険の場合には、加入する変額保険の種類によって、保障期間が一定の有期型と一生涯が保障期間となる継続する終身がtの2つに分類する事が出来ます。この2つのうちで、有期型の変額保険を選択した場合には、満期保証金を受け取ることが出来ますが、運用実績によって、この金額が変わる事になる為、最低保障となる金額はないです。この為、運用実績によっては、基本保険金の金額を上回るという場合もありますが、もちろん、運用実績次第では下回る場合もあります。

さらに、途中で解約した場合に貰うことが出来る解約返戻金についても、最低保障がないと言うことになります。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2013年03月22日 15:25