「あ行」の保険の用語集

「一時所得(いちじしょとく)」の用語解説

スポンサーリンク



ここでは、「一時所得(いちじしょとく)」の用語についての解説を行なっています。自分で生命保険に関する事柄を勉強したり、確認をしている時に気になる記事があったが、知らない用語が出てくると理解がくるしいと思います。そのような時に、「一時所得」に意味が不明な場合に、ここで「一時所得」の意味を理解してもらえればと思います。


一時所得(いちじしょとく)の用語解説

一時所得とは、所得や収入を税制的に分類するための所得(収入)の分類方法のひとつの種類になります。基本的に、一時所得に該当するのは、サラリーマンの場合は給料、個人事業主の場合には事業収入などのような営利を目的として継続的に生じた所得以外の所得、収入などの事を言います。

さらに、労務や役務などの何かしらの労働の対価としての性質を有していないモノであり、さらには、資産の譲渡による対価としての性質も持っていないモノと言った様な分類の所得になります。

つまり、「一時所得」と言った様な文字の通り、一時的な所得と言う事になります。しかし、仕事などの業務にかかわるような所得の場合には、一時所得には含まれないので注意が必要です。

では、具体的に、一時所得とは、どのような所得が該当するのでしょうか?これは、実際に、一時所得とは、どのようなモノが該当するのか具体的に例をあげると分かりやすいと思いますので、ここで紹介しておきたいと思います。

具体的な一時所得に該当する所得としては、懸賞や福引などの賞金や商品、さらに、競馬や競艇、競輪などの払戻金、生命保険の保険金の一時金や損害保険の満期返戻金などが一時所得になります。

これ以外にも会社などの法人から贈与された金品なども一時所得に該当します。また、これら以外にも遺失物拾得者や埋蔵物発見者などの場合の受けることが出来る報労金などについても一時所得に該当します。


スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2013年03月08日 11:16