生命保険を自分で徹底見直し

遺族年金の計算方法(国民年金加入者)(その1)

スポンサーリンク


生命保険の死亡保険の保険金額を正確に設定する為には、死亡保険の契約者が死亡した後の収入である遺族年金でもらえる金額を知っておく必要があります。
ここでは、自営業者やフリーの仕事をしている人が加入している国民年金に加入している人が遺族年金を貰った時の金額を計算していきたいと思います。


遺族年金の計算方法(国民年金加入者)(その1)


ここでは、国民年金に加入している人の遺族年金について説明しています。
国民年金に加入している人とは、自営業やフリーなどで仕事をしている人です。


もし、自営業やフリーで仕事をしている、一家の大黒柱である夫が亡くなった場合には、
国民年金に加入していた場合に限りますが、夫の年金を遺族が受け取ることができます。

夫の年金が受け取れると言っても、例えば、妻が老後を過ごすようになってから、
夫の年金が貰えると言う訳ではありません。


もしも、公的年金である国民年金に加入している人が死亡した場合には、
今までに加入して支払っていた公的年金の保険料が無駄になってしまいます。

このように、払い損にならないように、公的年金では、
 ・遺族年金
という年金制度が用意されています。


この「遺族年金」は、名前に「遺族」という字が入っているように、
亡くなった人の遺族に対して支払われる公的年金です。

この為、遺族年金は、残された遺族の生活費として利用出来るようになっているので、
国民年金に加入している人が死亡した段階で、貰えるようになります。



このように、国民年金に加入している夫が亡くなった場合には、遺族が遺族年金を貰い、
生活費に当てることができるので、生命保険の死亡保障の見直し時にも考慮しておく
必要がある制度になります。

つまり、遺族年金がもらえる場合には、生命保険の保険金で準備する必要がある金額が
遺族年金の金額分、少なくなりますので、その分、あなたが支払う保険料も安く抑えれます。




では、実際に、次のページからは、国民年金の遺族年金から、
どれくらいの金額が貰えるのかを見ていきたいと思います。





スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2013年07月16日 20:30