生命保険を自分で徹底見直し

日々の生活費以外の費用(その4)

スポンサーリンク


ここでは、日々の生活費以外の費用の中の1つである、住居費(住宅ローン・家賃など)について、どれくらいの費用が必要になるかを説明しています。


日々の生活費以外の費用(その4)


ここでは、

 「住居費(住宅ローン・家賃など)」

について、実際に、どれくらいの費用になるか
について見ていきます。




【(5)住居費(住宅ローン・家賃など)】


住居費(住宅ローン・家賃など)の場合には、一般的に下記の2つに分類する事が
できるのではないでしょうか。
ここでは、この2つの場合について見ていきたいと思います。

 ・住宅ローン : 家かマンションを購入している場合
 ・賃貸    : 賃貸の家・マンションの場合




【住宅ローンを利用している場合】

一般的に住宅ローンを組む時には、「団体信用生命保険」という生命保険に
加入していることがほとんどです。
ほとんどの住宅ローン商品には、「団体信用生命保険」に加入を義務付けています。


この「団体信用生命保険」に加入している場合で住宅ローンの名義が夫のみである場合は、
「団体信用生命保険」の死亡保証金で残りの住宅ローンは、支払われ完済されます。
現在、住宅ローンを利用されている方は、念のために「団体信用生命保険」に加入している
か調べておきましょう。



住宅ローンの支払いが終了していたり、団体信用生命保険で返済の義務が無くなった場合には、
下記の費用が必要になります。

【一戸建て住宅の場合】
  ・固定資産税
  ・修繕・改装費

【マンションの場合】
  ・固定資産税
  ・管理費
  ・修繕積立金
  ・駐車場代


実際に、これらの費用がどれくらいになるかは、あなたが住んでいる地域や
家やマンションの資産価値によって違ってきます。
と言いましても、これらは、今現在、既に住んでいる場合には、もう、支払いを行なっていると
思いますので、現状は、どれくらいの金額を支払っているか確認してみてください。

なお、これらの金額を妻が85歳になるまでに必要となる費用を求めましょう。




【賃貸に住んでいる場合】

現在、賃貸に住んでいる場合は、現在支払っている費用を
妻が85歳になるまでの費用を計算しましょう。



では、次は、下記の項目を見て行きます。

  (6)葬式にかかる費用

  (7)一時的に必要となる費用(貯蓄)

  (8)ローンなどの借金(住宅ローン以外)

「Step3-4 日常の生活費以外の費用(その2)」



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2008年11月18日 05:08