生命保険を自分で徹底見直し

日々の生活費以外の費用(その2)

スポンサーリンク


ここでは、日々の生活費以外の費用の中の1つである、子供の教育費用について、どれくらいの費用が必要になるかを説明しています。


日々の生活費以外の費用(その2)


では、実際にここからは、「日々の生活費以外」について、
それぞれの項目について、詳しくどれくらいの費用が必要になるのかを
見ていきたいと思います。
まずは、「子供の教育費用」からになります。




【(3)子供の教育費用】


子供の教育費用と言っても、実際にどれくらいの教育費用が必要になるかは、
それぞれの家庭の価値観や親の思い、子供の思いによって違いがあります。


この為、ここでは、一般的に発表されている統計データを紹介しておきます。
幼稚園から大学までの、公立・私立の場合に、どれくらいの教育費用が
必要になるかを紹介していますので、参考にしていただき、
あなたの家庭に合った金額を利用してください。


なお、下記データの表示は、今回の費用計算の利便上、1万円以下、四捨五入しています




【幼稚園】
公立 :  24万円 / 年
私立 :  51万円 / 年


【小学校】
公立 :  31万円 / 年


【中学校】
公立 :  47万円 / 年
私立 : 127万円 / 年


【高校】
公立 :  52万円 / 年
私立 : 103万円 / 年

「平成16年 子どもの学習費調査(文部科学省)より
 この調査データは、「学校教育費用」、「学校外教育費用」が合算されています。



【大学(自宅通学の場合・昼間部)】
国立 : 113万円 / 年
公立 : 116万円 / 年
私立 : 181万円 / 年

「平成14年度学生生活調査(文部科学省)より



ここでは、このような子供の教育費用を統計データから、どれくらいの費用が必要になるのかを
計算していきます。
実際には、上記の統計データは、1年間に掛かる費用ですので、
実際に必要な年数分を考慮する必要があります。



上記のデータを元に、年数を考慮して、教育費用の総額の計算をした場合には、
下記のような金額になります。


【幼稚園】
公立 :  24万円 × 2年 =  48万円
私立 :  51万円 × 2年 = 102万円


【小学校】
公立 :  31万円 × 6年 = 186万円


【中学校】
公立 :  47万円 × 3年 = 141万円
私立 : 127万円 × 3年 = 381万円


【高校】
公立 :  52万円 × 3年 = 156万円
私立 : 103万円 × 3年 = 309万円


【大学(自宅通学の場合・昼間部)】
国立 : 113万円 / 年 × 4年 = 452万円
公立 : 116万円 / 年 × 4年 = 464万円
私立 : 181万円 / 年 × 4年 = 724万円



さらに幼稚園から大学までを計算した場合には、下記のようになります。


・幼稚園から高校までを公立、大学を私立に行くとした場合
1,255万円の金額が必要になります。

・幼稚園から中学までを公立、高校・大学を私立に行くとした場合
1,408万円の金額が必要になります。



それぞれ、各家庭で考えている、教育費用の計算を行ってください。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2008年07月03日 04:47