生命保険を自分で徹底見直し

日々の生活費の計算方法(その3)

スポンサーリンク


ここでは、日々の生活費の計算方法を説明しています。
「日々の生活費の計算方法(その2)」の続きを説明していますが、「日々の生活費の計算方法(その1)」から読んで頂くとと理解し易いと思います。


日々の生活費の計算方法(その3)


では、「日常の生活費の計算方法」の記入シートの計算方法を
具体的にはどのような計算をしているのかを説明して行きます。

ここで説明している内容を理解すると
「末っ子が大学を卒業するまでの生活費」
の計算を自分で行なう事ができるようになります。


なお、ここでは、
 「(1)末っ子が大学を卒業するまでの生活費」
についての計算方法を説明しています。

「(2)妻の残った人生の生活費」については、次のページで説明していますので、
ご了承ください。




【(1)末っ子が大学を卒業するまでの生活費】


実際の計算式は、下記のようになっています。


     現在の1ヶ月の生活費
   × 0.7
   × 12ヶ月
   × (22歳 ‐ 末っ子の現在の歳)
 ―――――――――――――――――――――――
   = 末っ子が大学を卒業するまでの生活費




計算式だけでは、理解しにくいと思いますので、ここで、具体的に例をあげて見ていきたいと
思います。例を参考にして頂ければ、計算式の内容を理解し易くなるのではないでしょうか。


計算の例)

  現在の1ヶ月の生活費 : 20万円
  末っ子の年齢     : 2歳  

     20万円(現在の1ヶ月の生活費)
   × 0.7
   × 12ヶ月
   × (22歳 ‐ 2(末っ子の現在の歳))
 ――――――――――――――――――――――――――
   = 3,360万円


このように、上記の例の場合では、計算を行なったところ、
末っ子が大学を卒業するまでに必要な生活費は、
3,360万円必要である事が分かりました。



このようにして、この計算式で、
末っ子が大学を卒業するまでの生活費の計算を行います。


計算式の中の「0.7」という数字があります。
これは、生命保険業界で共通で使われている数字で、
夫が亡くなってからの妻と子供が生活していくのに
必要とされる生活費の割合を表しています。


また、22歳とは、
末っ子が大学を卒業する年齢を指しています。





なお、「日常の生活費の計算方法」のシートをダウンロードしていない人は、
下記からダウンロードできますので、実際に使ってみてください。




##########【ファイルのダウンロード ここから】###########

ここに記入用のシートを準備しましたので、
こちらから「日常の生活費の計算方法」の記入シートをダウンロードしてください。
記入シートを利用することにより、これからの作業が簡単に行えるようになります。


【エクセル形式】
「日常の生活費の計算方法」の記入シートをダウンロードする
*クリックして、ブラウザーで見る場合は、ご利用の環境により
 ファイルが開くまでに時間がかかる事があります。ご了承ください。

*シートを保存する場合
【マウスを移動し】 → 【右クリック】 → 【対象をファイルに保存】
のようにして自分のパソコンに保存することが出来ます。
*ブラウザーでシートを見る
クリックしますと、別ウインドウでシートを見ることが出来ます。

##########【ファイルのダウンロード ここまで】###########



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2008年06月10日 06:05