生命保険を自分で徹底見直し

生命保険の必要な保障額を明確にする(基本A)

スポンサーリンク


ここでは、生命保険の必要な保障額を明確にする方法についての続きの情報を紹介しています。


生命保険の必要な保障額を明確にする(基本A)


死亡保障(死亡保険)は、一家の大黒柱である夫が、病気や不慮の事故などで
死亡した場合の為の保障になります。

一家の大黒柱である夫が亡くなった場合は、家族にとって経済的に辛い状態に
なりますので、まずは、この重要な内容である死亡保障について見ていきます。



死亡保障で必要な内容(死亡保険)

死亡保険を考える場合には、もし、一家の大黒柱である夫が亡くなった場合には、
夫が亡くなって以降に必要となる遺族が生活して行く上でどれくらいのお金が
必要かという事を考える必要があります。

そこで、まずは、大きく分類して、この残された遺族に必要になる金額を

 ・日々の生活費
 ・日々の生活費以外

というふうに分けて考えて行きます。
*ここでは、見ていく内容の流れをつかんでもらいます。




日々の生活費の計算方法


次に、日常の生活を行なっていく為の生活費に該当する部分がどれくらい
必要になるか計算する為に、生活費の計算を行なう為の分類を行ないます。
「日々の生活費」とは、食費や光熱費などです。


家族の生活費は、下記の通りに2つに分けて考えます。

  (1)末っ子が大学を卒業するまでの生活費

  (2)妻の残った人生の生活費


この2つの生活費を考える事で、一家の大黒柱である夫が死亡した場合の
生活費の総額を算出します。
計算が行ない易いように、妻と子供に分けています。


ここでの生活費には、家賃や住宅ローンは入れません。
家賃や住宅ローンのような住居にかかる費用は、別項目で考えます。
家賃や住宅ローンのような住居にかかる費用については、「生活費以外」
に入れて考えます。

このような順番で、生命保険で用意する必要がある生活費の保障額を算出します。




日々の生活費以外の費用の計算方法

続いて、生活費以外の費用についての計算方法について見ていきます。
日々の生活費以外に該当するものは、下記のような物があります。
基本的に日々の生活で必要になる項目以外になります。


  (3)子供の教育費用
  (4)子供の結婚の援助
  (5)住居費(住宅ローン・家賃)
  (6)葬式にかかる費用
  (7)一時的に必要となる費用(貯蓄)
  (8)ローンなどの借金(住宅ローン以外)

このような日常の生活費以外に必要となる費用を算出します。



では、次のページから

 ・日々の生活費
 ・生活費以外の費用

について、細かく見ていきたいと思います。





スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2008年04月28日 07:52