生命保険を自分で徹底見直し

ここでは、自分で生命保険の見直しを行なう為に必要な情報を紹介しています。

生命保険を自分で徹底見直しについて

ここでは、自分自身で生命保険の見直しを自分で行ないたい人に参考になる情報を紹介しています。

生命保険の見直しの必要性

ここでは、まずは、生命保険の見直しについての生命保険の必要性について見て行きたいと思います。

生命保険の見直しのメリット

ここでは、生命保険の見直しを行なう事による、生命保険の見直しのメリットについて見て行きたいと思います。

なぜ、生命保険に加入するのか?

このホームページでは、生命保険の加入や見直しについての情報を紹介していますが、そもそも、生命保険になぜ、加入する必要があるかについて見て行きたいと思います。

一般的な生命保険の加入目的

ここでは、一般的な生命保険の加入する目的について紹介しています。

自分の生命保険の加入目的を明確にしてみる(準備編)

ここでは、自分で生命保険の加入目的を明確にして行くための前準備として知っておいて欲しい内容を紹介しています。

自分の生命保険の加入目的を明確にしてみる(実践編@)

ここからは、実際に、あなたが自分で、生命保険の見直しを行なうにあたり、自分で、生命保険の加入目的を明確にしていく方法を紹介しておきたいと思います。

自分の生命保険の加入目的を明確にしてみる(実践編A)

ここでは、自分で生命保険の加入目的を明確にする方法の続きを紹介しています。

自分の生命保険の加入目的を明確にしてみる(実践編B)

ここでは、自分で生命保険の加入目的を明確にする方法の続きを紹介しています。

自分の生命保険の加入目的を明確にしてみる(実践編C)

ここでは、自分で生命保険の加入目的を明確にする方法の続きを紹介しています。

生命保険の必要な保障額を明確にする(基本@)

ここでは、生命保険の必要な保障額を明確にする方法について紹介しています。

生命保険の必要な保障額を明確にする(基本A)

ここでは、生命保険の必要な保障額を明確にする方法についての続きの情報を紹介しています。

日々の生活費の計算方法(その1)

生命保険の死亡保険金で、残された遺族の生活費を確保する場合には、現在の日々の生活費を知っておく必要がありますので、ここからは、日々の生活費の計算をしていきたいと思います。

日々の生活費の計算方法(その2)

ここでは、日々の生活費の計算方法を説明しています。
「日々の生活費の計算方法(その1)」の続きを説明していますので、「日々の生活費の計算方法(その1)」から読んで頂くと理解し易いと思います。

日々の生活費の計算方法(その3)

ここでは、日々の生活費の計算方法を説明しています。
「日々の生活費の計算方法(その2)」の続きを説明していますが、「日々の生活費の計算方法(その1)」から読んで頂くとと理解し易いと思います。

日々の生活費の計算方法(その4)

ここでは、日々の生活費の計算方法を説明しています。
「日々の生活費の計算方法(その3)」の続きを説明していますが、「日々の生活費の計算方法(その1)」から読んで頂くとと理解し易いと思います。

日々の生活費以外の費用(その2)

ここでは、日々の生活費以外の費用の中の1つである、子供の教育費用について、どれくらいの費用が必要になるかを説明しています。

日々の生活費以外の費用(その1)

ここでは、「日々の生活費以外の費用」について、どのような費用が該当するのかを説明しています。

日々の生活費以外の費用(その3)

ここでは、日々の生活費以外の費用の中の1つである、子供の結婚の援助について、どれくらいの費用が必要になるかを説明しています。

日々の生活費以外の費用(その4)

ここでは、日々の生活費以外の費用の中の1つである、住居費(住宅ローン・家賃など)について、どれくらいの費用が必要になるかを説明しています。

日々の生活費以外の費用(その5)

ここでは、日々の生活費以外の費用の中の1つである、葬式にかかる費用について、どれくらいの費用が必要になるかを説明しています。

日々の生活費以外の費用(その6)

ここでは、日々の生活費以外の費用の中の1つである、一時的に必要となる費用(貯蓄)「ローンなどの借金(住宅ローン以外)」の2つの項目について、どれくらいの費用が必要になるか考えて行きます。

これからの収入・預貯金の金額の確認

生命保険の死亡保険の保険金の金額を設定する為に調査する為に必要である情報には、色々とありますが、ここでは、これからの収入・預貯金の金額について確認していきたいと思います。

遺族年金の計算方法(国民年金加入者)(その1)

生命保険の死亡保険の保険金額を正確に設定する為には、死亡保険の契約者が死亡した後の収入である遺族年金でもらえる金額を知っておく必要があります。
ここでは、自営業者やフリーの仕事をしている人が加入している国民年金に加入している人が遺族年金を貰った時の金額を計算していきたいと思います。