税金に関する情報

生命保険と相続税

スポンサーリンク


ここでは、生命保険の保険金を貰った時に相続税が課税された場合に、どのように相続税の計算が行なわれるかについて見て行きます。相続税が課税された場合には、どれくらいの税金が課税されるかについて参考にして頂ければと思います。



相続税の場合


相続税は、被保険者が死亡した場合に貰える、死亡保険金を貰った場合に、課税される税金に

なります。この相続税が適用される場合には、生命保険の保険金の非課枠と相続税の基礎控除額が

大きな金額になる為、実際に課税される税金がゼロ円になる場合が多いです。



非課税・税額控除について


生命保険の死亡保険金を貰った場合には、下記のような2つの税金の控除があります。

・生命保険の非課税分
・相続税の基礎控除額



この2つの税額の控除額は、下記の計算式で算出することが出来ます。

生命保険の非課税分
生命保険の非課税分 = 500万円 × 法定相続人の人数

相続税の基礎控除額
相続税の基礎控除額 = 5000万円 + 1000万円 × 法定相続人の人数



相続税の計算式


相続税についての税額の計算式をもう少し詳しく分かりやすく説明すると下記のようになります。

@ 死亡保険金−生命保険金の非課税額(500万円×相続人の数)
  =課税対象の死亡保険金
A (相続財産+課税対象の死亡保険金)
  −相続税の基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の人数)
  =課税対象額



相続税の計算例


ここでは、相続税がどのように課税されるのかを具体例を示して説明したいと思います。

具体例を見ることにより理解しやすいようになると思います。


【条件】

 ・契約者、被保険者が夫
 ・受取人は妻
 ・死亡保険金は3000万円
 ・相続財産は、4000万円(葬儀費用や借金などの負債を減額後の金額)
 ・法定相続人は、妻と子供2人(合計3名)


@ 死亡保険金(3000万円)−生命保険金の非課税額[500万円×相続人の数(3人)]
  =課税対象の死亡保険金(1500万円)
A [相続財産(4000万円)+課税対象の死亡保険金(1500万円)]
  −相続税の基礎控除額[5000万円+1000万円×法定相続人の人数(3人)]
=課税対象額(マイナス2500万円)


 この為、相続税は、0円になります。



このように、相続税で課税された場合には、課税される金額がゼロ円になる場合があります。これは、

今回、参考に出した例の場合になりますので、実際に、一度、あなたの場合は、どれくらいの税金が

課税されるかを計算することをオススメします。



税金には、他にも「一時所得」、「雑所得」、「贈与税」などがあります。この色々とある税金で

一番どれが税金が安くなるかは、それぞれのケースにより違ってきますので、実際に、どれくらい

の税金が課税されるか計算する必要があります。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月29日 02:38