税金に関する情報

生命保険料控除(税金が戻るケース)

スポンサーリンク


ここでは、「生命保険料控除」について見て行きます。この「生命保険料控除」は、「税金が戻ってくるケース」としてについて見ていきます。


生命保険料控除で税金が戻るケース


ここで説明している「税金が戻るケース」である、生命保険料控除とは、サラリーマンやOLなどの

会社に勤めている人の場合なら、年末調整で行なっている内容になります。また、自営業や

フリーの人の場合には、毎年、確定申告で行なっている内容になります。


ここでは、税金が戻るケースである生命保険料控除について詳しく見て行きます。



生命保険料控除とは?


生命保険に加入して、生命保険料控除を行なう事で、毎年の所得から限度範囲内の金額が

控除されます。生命保険料控除の場合には、所得税と住民税が直接軽減されるのではなく、

給料として貰っている所得の金額を低く扱って、税金を課税するようになります。



もう少し、分かりやすく、下記に例をあげて説明します。
(*金額、税率等は適当です。また、生命保険料控除以外は考慮しません。)


【例】
年収500万円の人の場合を例にします。
所得税の税率は20%とします。
また、生命保険料控除は10万円有るとします。

この場合に
・生命保険料控除が無い人
・生命保険料控除が有る人
の2通りで税金の額について、比較してみます。


【生命保険料控除が無い人】
生命保険料控除が無い人の場合には、
500万円の年収に20%の税金がかかります。
500万円 × 20% = 100万円
となりますので、100万円が税金となります。


【生命保険料控除が有る人】
生命保険料控除が有る人の場合には、
500万円の年収に20%の税金がかかります。
しかし、この500万円に生命保険料控除額の10万円が差し引かれます。
(500万円 − 10万円) × 20% = 98万円
となりますので、98万円が税金となります。


上記の例のように、「生命保険料控除が有る人」の場合には、2万円の節税ができました。このように、

生命保険料控除を行なうことで、所得の金額を少なく扱うことができます。




生命保険料控除と「所得税」・「住民税」


生命保険料控除を行うことで「所得税」と「住民税」も安くすることが出来ます。これは、

「所得税」と「住民税」の税額の計算が所得の金額で決まるからです。



この為、生命保険料控除を行い、所得の金額が少なくなると「所得税」と「住民税」の課税

される金額も少なくなるということです。



例えば、

生命保険料控除が無い人:所得額が500万円
生命保険料控除が有る人:所得額が490万円

のように生命保険料控除額を差し引いた年収から所得税、住民税が計算されます。

この為、所得税、住民税を計算する時に、所得税が安くなるという訳です。


少し、長くなりましたので、次のページに続きます。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月29日 02:16