選び方の参考情報

個人年金保険の選び方

スポンサーリンク


ここでは、個人年金保険の選び方について説明しています。もし、医療保険への加入を検討されている人は、参考にして頂ければと思います。



個人年金保険の選び方

 


個人年金保険とは、老後の資金を準備する為の生命保険です。60歳や65歳などのある一定の年齢

になった時点で、年金形式でお金が貰える生命保険です。また、もし、途中で亡くなった場合には、

支払った保険料の相当額のお金を死亡保険金として貰うことができます。



個人年金保険は、予定利率が高い時代に加入していた人の場合には、支払った保険料を良い利率で

運用されますので、老後になりお金を受け取れるようになってからが楽しみです。



しかし、予定利率が低い時代に個人年金保険を利用するとあまり利率が良くないので、貯蓄の面から

はあまりお勧めできません。ただし、個人年金保険の場合には、市場の金利が上がったり、

生命保険会社の収益が多くでた場合には、配当金が出る場合があります。この場合なら、配当金で

ある程度、利益が出せる場合もあります。



また、個人年金保険には、利率変動型の商品もあります。この利率変動型の場合なら、3年や5年の

ように、定期的に予定利率の見直しが行われますので、予定金利の低い時代に加入して、以後の

予定金利の上昇に備えることもできます。ただし、予定利率が高い時にこの利率変動型の個人年金

保険を利用した場合には、予定利率が下がる可能性がありますので注意が必要です。




個人年金保険の年金の貰い方

 


個人年金保険には、終身型と確定型があります。終身型の場合は、加入者が生きている間は年金が

支払われ続けます。確定型は、契約時に定めた期間のみ年金が支払われます。



毎月、支払われる年金額を比較すると、終身型の方が少なく、確定型の方が多くなるのが一般的です。

これは、同じ年金原資を長い期間もらうか短い期間で貰うかの違いから、毎月、受け取れる年金額も

違ってきます。



このように個人年金保険に加入する場合には、将来の年金の受け取り方も考えておく必要があります。

例えば、長寿の家計であれば、基本的な老後資金は他で準備をしておくが、終身型の個人年金で少し

ゆとりを持った老後を暮らせるようにする方法もあります。



また、確定型の場合には、60歳から65歳までのように、定年退職を60歳でして、公的年金が

貰えるようになる65歳までの間を個人年金保険と預貯金で生活をして行く方法もあります。



このように、個人年金保険は、老後の為の資金ですので、個人年金保険を選ぶ場合には、あなたの

老後の生活をどのようにしたいのかを考え、老後の生活を前提に資金計画を行い、老後の資金計画の

一部として使う事になりますので、公的年金も含めて、まずは、老後のリタイアメントプランを

考えるのがお勧めです。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月28日 23:34