選び方の参考情報

養老保険の選び方

スポンサーリンク


ここでは、養老保険の選び方について説明しています。もし、医療保険への加入を検討されている人は、参考にして頂ければと思います。



養老保険について


養老保険は、貯蓄性が高い生命保険です。養老保険の特徴としては、死亡保障の死亡保険金と

保障期間が満了した時の満期保険金の金額が同額程度であると言う点です。



また、養老保険は、金利が高い時代には、貯蓄型の生命保険と言えば養老保険と言われるぐらいに

加入する人が多かった生命保険です。養老保険は、金利が低い時代には、十分な金利が見込めない

為、人気がありません。余談ですが、生命保険の金利のことを予定利率と言います。



金利が低い時代の養老保険


予定利率が高い時代には、他の運用商品と養老保険の利率を比べて有利である場合に養老保険

選択すれば良いの特に難しいことはありません。



もし、予定利率が低い時代には、養老保険に加入する場合には、少し、考えて加入することが

必要になります。予定利率が低い時に養老保険に加入する場合には、下記のような

養老保険に加入することがお勧めです。

有配当型
5年利差配当型


この「有配当型」、「5年利差配当型」の養老保険を選ぶ事により、もし、市場の金利が上昇して、

生命保険会社の予定利率が上がったり、生命保険会社の収益が良くなった場合に配当が貰うことが

できます。



この為、予定利率が低い時代であっても、今後、良くなっていけば、利益を得れるので、「有配当型」、

「5年利差配当型」の養老保険がお勧めです。



余談ですが、養老保険には、「有配当型」、「5年利差配当型」以外にも「無配当型」という種類も

あります。この「無配当型」の場合には、「有配当型」、「5年利差配当型」のように配当を貰うこと

が出来ないので、予定利率が低い時にはお勧め出来ません。



外貨建ての養老保険


養老保険には、外貨建ての養老保険というのもあります。この外貨建ての養老保険は、外貨で、

海外の市場で保険料を運用する養老保険です。この為、日本の市場金利が低い場合には、海外の

金利が高いところを使って運用するのも良いでしょう。



この外貨建ての養老保険は、為替リスクも考慮する必要が出てきます。つまり、円高や円安の影響

を受けることになりますので、せっかく、外貨で運用して利益が出ても、為替で損をする可能性が

出てきます。



ただし、海外旅行によく行く人や海外留学をしたりする人の場合には、外貨をそのまま使うことが

あるので、外貨で受け取ることで、為替リスクを減らすことは可能です。



養老保険の使い道


養老保険は、貯蓄性が高い生命保険である為、家や車、または、子供の教育資金などの準備に

使うことが可能です。これらの家や車、子供の教育資金の為に養老保険を利用する場合には、10年

などの比較的に満期になるまでの期間が短い養老保険を利用すると良いでしょう。



養老保険は、貯蓄性が高い保険である為、何かの資金準備に使い人が多いと思います。この為、

養老保険以外にも定期保険や終身保険、また、保険以外の商品も含めて、どれが一番、あなたの

目的に合っているのかを含めて考えて、どれで運用するか選ぶ必要があります。



金利が低い時代には、養老保険は、あまりメリットが無い為、他の定期保険や逓減保険などで、

何かあった時の保障を準備し、貯蓄部分は、他の金融商品で行う事も可能です。

このようにする事で何かあった場合には、保険から保障が受け取れ、何も無ければ、他の金融商品で

積み立てた金額が残るようにする方法もひとつの方法です。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月28日 23:19