選び方の参考情報

定期保険の選び方

スポンサーリンク


ここでは、定期保険の選び方について説明しています。もし、医療保険への加入を検討されている人は、参考にして頂ければと思います。



定期保険の選び方


定期保険とは、一般的に掛け捨て型の生命保険としてよく知られている生命保険です。この為、

満期保険金はありません。また、保障期間が10年や15年や60歳などのある一定の年齢になる

までと決まっていて、この決まった保障期間の間のみ保障されます。



定期保険の契約形態


定期保険には、「更新型」と「齢満期」という2つの契約方法があります。

年満期
10年、15年のようにある一定期間を保障する形式で、この一定期間が
満了すると定期保険の保障を更新することになります。

更新型は、更新を行なうたびに生命保険の保険料が更新時の年齢で再計算
される為に、年齢が高くなるにつれて、保険料は高くなっていきます。

この為、若いうちは、保険料が安くなっています。

全期型
60歳、70歳などのようにある年齢に達するまで保障する形式で、
長期間に渡る契約になります。

この為、生命保険の保険料を途中で更新を行なうことは有りませんので、
途中で変わることはありません。



定期保険の契約方法


定期保険を生命保険の保障として利用する場合には、基本的にある一定期間に対して、保障が必要

な場合に利用するのに使うと良いでしょう。高齢になってからの保障と考えている場合には、

終身保険などで準備すると良いと思います。



特に更新型は、子供が成人するまでの教育費用や生活費などの一定期間に必要となる保障として

利用すると良いと思います。



定期保険のは単体契約か特約契約か


ここで説明している定期保険は、単体で契約を行なうことが可能な方法を中心に見ています。

ただし、定期保険の場合には、特約として終身保険や養老保険に付けることも可能です。



特約として定期保険に加入する場合には、必ずと言う訳では有りませんが、定期保険の保障だけを

考えた場合には、単体で加入するよりも安くなる場合があります。



また、定期保険部分の契約を特約として契約している場合には、主契約である、終身保険や養老保険

の解約返戻金を利用して、解約返戻金の金額の範囲内で、自動振替貸付制度という制度を使って、

保険の契約を継続することも出来ます。このような点が特約で契約した場合の利点です。



ただし、特約で定期保険を契約した場合には、生命保険の見直しが行いにくくなります。単体で加入

しておいた方が将来的には、生命保険の見直しが行いやすくなります。



これは、終身保険に定期保険を特約で付けている場合には、多くの人が医療保障も特約として付けて

いる場合などは、主契約部分の終身保険を解約した場合に、特約部分の定期保険や医療保障の保障

も無くなる為です。



定期保険の保険料


定期保険の保険料は、昔は特にどの生命保険会社でも差はありませんでしたが、現在では、禁煙者が

対象などのリスク細分型や通販の保険が出てきて、色々と差が出てきています。



この為、タバコを吸っていない人の場合だと20〜30%の割引が受けれます。また、生命保険会社

に健康体であると認められると、健康体割引が受けれ、20%の割引が受けれます。



このような割引が受けれるかは、医師の診断により決まりますが、タバコを吸っていない人や健康に

自信のある人は、このような保険を選ぶ事で保険料を安くする事ができますので、検討をしてみては

いかがでしょう。



また、勤務先に「団体定期保険」がある場合は、利用するとさらに保険料が安くなる可能性が高いです。



団体定期保険とは、企業や労働組合を通じて保険契約を行うものす。このように企業や労働組合を

通じて契約を行なう為、団体割引の適応を受けることが出来るため、保険料が安くなる可能性が高い

です。保険料の割引率は、企業や労働組合により違いはありますが、一般の保険の50%程度の場合

もあります。



また、団体定期保険の特徴としては、加入者が支払う保険料は、年齢に関係なく一定の金額でである

事が多いです。この為、若いうちは、普通に定期保険に加入した方が安いかもしてませんが、年齢が

50代などのように高くなった場合には、一般の保険契約を行うよりは安くなる可能性が高いです。



ただし、このように団体定期保険を利用した場合には、会社を辞めた場合には、継続して保障を受け

れない場合もあります。この為、団体定期保険は、保険料が安いのが特徴ですが、一般の定期保険と

うまく組み合わせて加入しないと、将来、保障が無くなる場合が有りますので、注意が必要です。




逓減定期保険について


逓減定期保険とは、定期保険のひとつの種類になります。逓減定期保険の特徴としては、保障額が

年々少なくなっていく点です。この為、普通の定期保険よりも保険料が安くなっています。生命保

険会社や年齢などにより違いはありますが、保険料が30%や40%も安くなる事があります。



逓減定期保険は、一家の大黒柱の人に何かあった場合に子供の教育費や生活費を準備する為の

定期保険として利用するのに適しています。なぜかと言うと、子供が成長するにつれて、

定期保険で準備しておく必要がある金額が減っていくからです。



これは、子供の為の保障という点で、子供の生活費や教育費の為に加入すると考えると分かると思い

ます。子供の為の保障は、末っ子が産まれた時点が一番、保障額を多く設定しておく必要があります。



これは、子供の為の保障は、子供が独り立ちした時点まで良いという点からきます。子供が独り立ち

するまでの子供の生活費や教育費を考えると年々、子供が成長していくにつれて、必要になる保障額

が年々、減って行く為です。



逓減定期保険を選ぶ時のポイントは、保障額の減り方があなたのライフプランと合っているかという

点です。保障額が減るのが早く、逓減定期保険に加入した後に必要な保障が確保できていない事が

あると大変です。

まずは、ライフプランをしっかりと考えて、あなたに必要な保障額を計算してから逓減定期保険の

年々減っていく金額と照らし合わせましょう。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月28日 22:55