選び方の参考情報

医療保険の選び方

スポンサーリンク


ここでは、医療保険の選び方について説明しています。もし、医療保険への加入を検討されている人は、参考にして頂ければと思います。



医療保険の選び方


医療保険とは、病気やケガなどで入院した時に給付金が受け取れる生命保険です。医療保険は、

終身保険や定期保険などの生命保険の特約として保障を付けている人が多いと思いますが、

ここでは、単体で医療保障の契約が可能な医療保険について見て行きます。




医療保険は、健康保険の自己負担が増えたり、今後の社会保障などを考えた場合に必要度が

増す生命保険ではないでしょうか。




医療保険の保険期間


医療保険の保障期間は、下記の2つのタイプがあります。

・終身型
・更新型(5年、10年)


終身型
終身型の医療保険の場合の特徴は、一生涯の
保障が確保できる点です。

もちろん、一生涯の保障を準備する為に、支払う保険料は多少
高くなります。

更新型
更新型の医療保険の場合には、終身型に比べて、
30代、40代のように、子供の教育資金や住宅ローンの返済を
行っている時期の保険料は安くなります。

しかし、医療保障の更新を行うたびに保険料が高くなりますので、
老後などの高齢な年齢になった時には、かなり高い保険料になります。

また、更新を繰り返した場合には、80歳や90歳までの更新が一般的です。




医療保険の保険料


ここからは、医療保険の終身型と更新型の保険料を見ていきます。終身保険には、60歳までのように、

ある一定の年齢になるまでに、保険料を払い込むタイプと、保険料を一生涯払い続けるタイプが

あります。この為、終身型と更新型を比べる場合には、下記の3種類になります。

・終身型(一生涯払い続けるタイプ)
・終身型(60歳払い済むタイプ)
・更新型


この3つの保険料の支払い方の具体的な内容は下記になります。


終身型(一生涯払い続けるタイプ)
終身型の場合には、一生涯に渡り、保険料を支払うことになり
ますが、保険料は、一生涯一定額で、変わることはありません。

保険料の支払いを終身型の一生涯支払うタイプの場合には、
加入者が20代、30代と、若い間は、更新型よりも
保険料が高くなりますが、50代、60代と更新型の
保険料が上がりだすと終身型の医療保険の方が毎月の
支払う保険料が安くなります。

これは、一生涯に支払うであろう保険料の総額を若い時
から支払う為に、保険料は、若い時は、高めになりますが、
年齢が上がった時に保険料が高くなる事はありません。

終身型(60歳払い済むタイプ)
終身型の60歳までに保険料を払い込むタイプの場合には、
60歳までに保険料の支払いを完了することになります。

これは、終身型である為、保険料が途中で高くなることは有りません。

また、ここでは60歳までに保険料を払い込むと言ってい
ますが、生命保険会社により、実際には、65歳など、
保険料の支払いを完了する場合などがあります。

終身型で60歳など、特定の期間までに保険料を払い込む
タイプの医療保険の場合には、他の保険料の支払い方に比べて、
毎月支払う保険料は高くなりますが、保険料を支払う総額で
考えた場合には、一番保険料が安くなります。

また、60歳までに保険料の支払いを完了することになる為、
老後になってからの保険料の負担が無くなる為、老後の家計へ
の負担を減らすことができます。

更新型
更新型は、20代、30代などの若い間の保険料の毎月支払う
金額は、他の保険料の支払い方に比べて、一番安くなります。

しかし、更新型の場合は、50歳以降など、比較的、
年齢が高くなると保険料が急に高くなります。

更新型の場合の特徴は、10年、15年などのある一定の
期間がくると、生命保険の契約の更新が必要になる点です。

この生命保険の契約の更新を行なうことにより、更新時の
年齢で保険料の再計算が行なわれる為、保険料は、更新のたびに
高くなって行きます。

更新型の場合には、保険料が更新を行なうたびに高くなって
行きますので、一生涯に渡り、更新を繰り返して行く場合には、
保険料の総額は高くなります。


このように、保険料の支払い方を見てきましたが、もし、老後の医療保障を考えた場合には、支払うこ

とになる保険料を長い目で見て考えた場合には、終身型の保険料の支払い方法にすると良いでしょう。



もし、ある一定期間だけ、医療保障が必要な場合で、若いうちなら更新型の保険料の支払い方を

するのが良いでしょう。



医療保険は、更新型か?終身型か?


医療保険の支払う保険料で見ると医療保険は終身型が良いように思われます。しかし、医療保険は、

医療技術の進歩とともに変化していきます。昔は、医療保険で入院給付というと5泊6日などの

入院からでしたが、現在では、1泊2日が主流になってきています。



最近でも医療技術の進展が進んでおり、今後も進む事を考えると、いずれ日帰りでの手術が増える

かもしれません。このように最新の医療の保障にあわせた保険が利用出来る点で考えると更新型

がオススメです。



また、医療保険では、入院日額5000円などの金額を聞く事がありますが、20年、30年たつと、

この5000円の価値がどのようになっているのかも分かりません。このような点では、更新型の

医療保険の方が良いように思われます。



つまり、

最新の保障内容を付けておきたい場合には、更新型。

保険料を安くしたい場合には、終身型。

のようになります。



もし、今現在では、どうするか決めかねる場合には、安い更新型の医療保険や共済などで加入を

しておき、数年かけて考えるのもひとつの方法です。



1入院の給付限度日数について


1入院の給付限度日数は、60日や120日があります。もちろん120日の方が保障される日数が

多い為、保険料は高くなります。また、1入院のカウントの仕方に注意が必要です。一度、退院した

場合でも180日以内に同じ病気で入院した場合や同じ病気が原因で入院した場合には、1入院扱い

となり、前回の入院の続きとされます。



つまり、初回の入院で30日間入院して、一度退院します。その後、1ヶ月後に同じ病気で再度入院

する事になった場合には、入院日数が31日目からカウントされます。



入院日数ですが、老後の事を考えると120日の方が良いように思われます。一度入院してしまうと

若い時と違い、老後は治るのにも時間が掛かるためです。もし、60日のタイプで長期の入院になり、

60日を超えた場合には、給付金が打ち切られる為です。



しかし、貰えるお金で考えると考え方が少し変わって来ます。120日のタイプでも入院日額が

5000円の場合と60日のタイプで入院日額が一万円の場合です。貰える日数は60日のタイプの

方が少ないですが、貰えるお金の額はどちらも同じになります。



また、手術の給付金は、この入院日額の金額を基本に決めている為、手術をした場合には、貰える

金額が入院日額が多い方が多く貰えます。支払う保険料は、60日でも入院日額を高くすると保険料

も高くなります。



どのような日数や給付金を選ぶかは、あなたの病気になる可能性にもよります。日々、健康に気を

使っている人の場合には、最低限の保障を確保しておき、足りない場合は、貯蓄でカバーすると

良いでしょう。



また、健康状態に自信が無い人の場合は、保険料が多少高くなっても、少しは充実した保障内容の

ものにしておくと良いでしょう。



このように、医療保険の場合には、特に病気やケガなどの保障が必要になる年齢が老後などの年齢が

高くなってからだと思います。この為、医療保険は、一生涯を考えて加入しておくことをお勧めします。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月28日 22:46