選び方の参考情報

終身保険の選び方

スポンサーリンク


ここでは、終身保険の選び方について説明しています。もし、終身保険への加入を検討されている人は、参考にして頂ければと思います。



終身保険の選び方


生命保険の種類のひとるである、終身保険は、一生涯に渡り保障をする生命保険です。

終身保険の場合の保障内容は、死亡や高度障害保障になった場合に保障されます。

日本人の場合、平均寿命が高い為、終身保険を選択するのに適していると思えます。




終身保険の保険料


終身保険の保険料の支払い方には、下記のような方法があります。

・有期払い
・終身払い
・一時払い


有期払い
有期払いとは、60歳、65歳までと言うように
保険料を支払う期間が決まっている保険料の支払い方法です。

有期払いの場合には、毎月の保険料の支払い額は、
他の保険料の支払い方と比べると高くなります。
ただし、保険料を支払う総額の金額は、終身払い
よりは、安くなります。

終身払い
終身払いとは、生きている限り、一生涯に渡り
保険料を支払い続ける保険料の支払い方です。

終身払いの場合には、毎月の保険料の支払い額は、
他の保険料の支払い方と比べると安くなります。
ただし、保険料を支払う総額については、有期払い
よりは、高くなります。

・一時払い
一時払いとは、終身保険に加入する時に
保険料を一括して支払う方法になります。

一時払いの場合には、保険料を一括で支払うので、保険料を
支払うときは、かなりの金額になりますが、まとめて保険料を
支払うので、保険料の総額は、他の支払い方に比べ安くなります。


このように、終身保険の保険料の支払い方には、このような方法があります。終身保険に加入する

場合には、支払う保険料をまとめて支払う方が特になります。これは、保険料をまとめて支払うこと

により、保険料の割引が適応されるからです。



この為、終身保険の保険料を支払う場合には、出来るだけ、可能な範囲で保険料を

まとめて支払いましょう。




終身保険の保障以外の使い方


終身保険は、一生涯に渡り、保障を得ることが出来る生命保険です。この為、もし、終身保険

解約した場合にでも解約返戻金としてお金を貰うことができます。



この為、終身保険解約返戻金を貯金のように、まとまった資金として利用することが可能です。

例えば、下記のようなことに終身保険解約返戻金を利用することが出来ます。

老後の資金
遺族の生活費
相続対策


このように、終身保険を、もしもの時の死亡した時の保障として利用するのは、当たり前ですが、

急にお金が必要になった時にも利用が可能です。



このように、終身保険は、老後の資金の準備を兼ねての保険や相続対策を考えられる人にオススメの

保険です。もちろん、保障が一生付きますので、保障の面でも安心できます。また、終身保険は、

死亡保障として利用する以外にも保険料を払い込んだ後などには、年金や介護保障に変更する事も

可能である為、老後資金の準備にも利用が可能です。



また、終身保険を解約して解約返戻金を貰う場合には、終身保険の一部を解約することも可能と

なっています。例えば、1000万円の保険金の終身保険に加入している場合に、300万円の

ように、一部を解約することも可能です。



この為、終身保険の保障を700万円を残して、300万円を現金として、手にすることができます。

ただし、このように終身保険の一部を解約した場合には、特約として医療保障を付けている場合

には、医療保障の保障額も解約した金額に比例して金額が下がる場合があります。




終身保険と定期保険の比較


終身保険は、生命保険会社の視点から見ると、将来、必ず保険金を支払う事になります。これに

比べて、定期保険は、生命保険会社の視点から見た場合には、何かあった時に保険金を

支払うだけで、保険金を必ず支払う必要がありません。



この為、終身保険は、定期保険よりも保険料が高くなる傾向にあります。ただし、終身保険

あっても、若いうちに加入していることにより、保険料の総額の支払額は、安くなることになります。



ちなみに、若い時に加入する場合にいは、定期保険は、保険料は、安いですが、50歳などの

比較的年齢が高くなった時に定期保険に加入したり、更新を行なった場合には、終身保険より

も保険料が高くなります。



終身保険の利用方法


終身保険に加入する場合には、子供の教育費用や生活費の為の保障として利用すると、

かなり高額の保障額が必要になる為、支払う保険料を支払うことになりますので、利用することは

オススメできません。



終身保険は、一生涯に渡り必要な保障であるような、葬儀費用や相続対策などにりようする

お金を準備するようにすると良いでしょう。もし、子供の教育費や生活費のような一時的に必要になる

保障が必要な場合には、定期付終身保険のように定期保険を特約として利用すると良いでしょう。



定期付終身保険を利用して、終身部分で、一生涯必要な保障を準備して、特約の定期保険の部分で、

一定期間、必要な保障額を準備すると良いでしょう。このようにすることにより、一定期間の高額な

保障を一定期間だけ利用することが可能になる為、保険料を最低限に抑えることができます。




終身保険を貯蓄として利用する場合


終身保険は、解約した場合に解約返戻金がもらえますので、貯蓄としても利用することができます。

ただし、終身保険に加入して、あまり時間がたっていない時には、解約返戻金がゼロ円であったり、

あったとしても殆ど無い場合があります。




この為、終身保険を貯蓄としても利用する場合には、長期的な貯蓄として利用すると良いでしょう。

この為、終身保険は、住宅購入の資金や子供の教育資金として利用するのには、適していません。




終身保険の医療保障


終身保険にも、特約として、医療保障を利用することが可能です。この医療保障とは、病気やケガで

入院や手術をした場合に入院給付金や手術給付金としてお金が貰える保障になります。



終身保険に加入する場合には、出来れば、この医療保障を特約として加入するのではなく、別で契約

をすることをオススメします。これは、もし、老後などにお金が必要になった場合に、終身保険を解約

して、解約返戻金を貰った場合に、特約として加入している医療保障も無くなる為です。



医療保障は、老後になるにつれ、病気になる可能性が高くなったり、病気になっても治りにくくなる

傾向にありますので、無くなると困る保障です。この為、終身保険と医療保障は、別にしておく方が、

将来、何かあった時に終身保険を利用しやすくなります。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月28日 22:27