契約時の注意点

生命保険に加入後に「告知義務違反」に気付いた場合

スポンサーリンク



生命保険に加入する時に行なう、告知は、生命保険の営業担当者によっては、かなりいい加減な内容でも告知を行うことはないでしょうか?



生命保険に加入後に「告知義務違反」に気付いた場合


生命保険に加入する時には、「告知」を行なうと思います。
しかし、この「告知」を結構、真剣に考えないで行なってしまう場合はないでしょうか?
また、生命保険の営業担当者によっては、告知に問題があっても、問題がなかったようにして加入を勧める人も居るようです。



このように、正確に告知を行なわないで、告知義務違反の状態で、生命保険に加入した場合には、もしもの時に保険金や入院給付金をもらえない場合があります。



生命保険に加入した後に、告知義務違反に気付いた場合には、せっかく加入した生命保険なのに、もしもの時に「告知義務違反」を理由に保険金や入院給付金が受け取れないのではという不安を抱く人は多いのではないでしょうか?



このような時には、「告知」を再度、申請する事が可能です。
もちろん、再度、行なった告知の内容に問題があれば、生命保険の保険料が高くなったり、保障が受けれない病気などのように、多少の条件が付く可能性があります。
しかし、「告知義務違反」を理由に保障が受けられないよりは、安心できるのではないでしょうか。


ただし、告知義務違反は、2年間という時効が設定されています。
生命保険に加入して、2年間、生命保険会社に保険金や入院給付金などの請求をしない場合には、時効になり、加入時に行なった告知が告知義務違反でも問題はなくなります。



「告知義務違反」の時効については、少し、複雑な点もありますので、詳しくは、「告知義務違反」の時効を参考にしてください。




このように、「告知」を再度行なう方法を利用する場合には、生命保険の営業担当者に相談するか生命保険会社に再度、告知をやり直したいと申し出ればOKです。
もちろん、再度、告知を行なうこと自体は、「告知義務違反」になる訳ではありませんので、ごあんしんください。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年03月20日 07:38