契約時の注意点

生命保険の「クーリング・オフ」

スポンサーリンク


生命保険の場合でも、条件さえそろえば、クーリング・オフの適応を受けることができます。ここでは、どのような時にクーリング・オフの対象になるのかを見て行きます。


生命保険に加入した場合でも、クーリング・オフを使い、生命保険の契約を取り消す事ができます。

しかし、生命保険の契約をクーリング・オフするのには、ある一定の条件がそろわないと、

クーリング・オフの適応を受けることは出来ません。



ここでは、この生命保険のクーリング・オフを受ける為の条件について見て行きますが、

ここで紹介している生命保険のクーリング・オフとは、一般的な生命保険のクーリング・オフ

の条件であり、全ての生命保険会社のクーリング・オフの条件と同じかは分かりません。



実際にどのようなクーリング・オフの制度になっているかは、各生命保険会社に

問い合わせる必要がありますので、ご了承ください。



生命保険のクーリング・オフ


クーリング・オフ制度とは、生命保険の契約を行なったが、後になって契約が無かったものと

する為に、契約を撤回することが出来る制度のことを言います。もちろん、いつでも

クーリング・オフ制度を使って、契約を撤回できる訳ではありません。

ある一定の日数以内という決まりがあります。



生命保険の場合のクーリング・オフとは、

・保険契約の申込日
・最初の保険料の領収日

のいずれか遅いほうの日からか、その日を含めて8日以内なら

生命保険の契約を撤回できる制度です。



クーリング・オフを利用することが可能な日数は、生命保険会社によって違いがあります。

多くの生命保険会社では、この8日という日数以上の日数を設けているところが多いようです。



また、生命保険の保険料を納めないで契約が出来る「契約転換制度」などを利用して生命保険の

契約を行なった場合には、生命保険の申込日から8日以内が、クーリング・オフを行なうこと

が出来る日数になります。



クーリング・オフを適用した場合


クーリング・オフを利用した場合には、生命保険の契約が無かったものとして扱われます。

この為、生命保険の保険料を支払った場合には、支払った、生命保険の保険料が生命保険会社

から返還されます。




クーリング・オフが適応されない場合

下記のような場合には、クーリング・オフの適用が受けられません。

・保険期間が1年以内の契約の生命保険の場合
・生命保険の契約を行うに当たり、医師による診査を受けた場合
・生命保険会社の営業所などへ出向いて契約をした場合
・個人年金などで、一時払いや振込み限定などで保険料を支払った
場合には、クーリング・オフ対象外になる事があります。



【ポイント】

生命保険のクーリング・オフの対象外になる場合も有りますので、

条件をしっかりと確認しておきましょう。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月28日 17:06