契約時の注意点

生命保険の「免責事由」

スポンサーリンク


ここでは、生命保険の保障が受けられない場合について見て行きます。生命保険には、「免責事由」というのがあり、この「免責事由」に該当した場合には、生命保険の保障が受けられません。また、場合によっては、生命保険の契約自体が抹消されることもあります。


保障が受けられなくなる「免責事由」


生命保険には、生命保険の保障がうけられなくなるという条件が契約で定められています。

この保障が受けられない条件を免責事項として、生命保険の契約上に定められています。



これは、生命保険は、多くの人が保険料を出し合って、支えあっているシステムを

取っているために、不正や犯罪などに悪用されたりして、一部の生命保険を悪用する

人から、他の善良な生命保険の加入者を守る為に決められていることです。

また、生命保険の免責事項には、大災害、戦争などの例外的な事も含まれます。



なお、ここで紹介している生命保険の免責事項とは、一般的な免責事項

内容になっています。生命保険会社によっては、多少の違いがあるかもしれません

ので、その点は、ご了承いただきたいと思います。



どのような時に生命保険の保障が受けられなくなるか


生命保険の保障が受けられなくなる免責事由には、下記のようなものがあります。

ここでは、一般的な免責事由を紹介します。



告知義務違反
生命保険の契約時に告知した内容と事実に相違があった場合

生命保険の解約
生命保険が解約された場合

契約失効中
生命保険料の支払いが無く、生命保険の契約が失効している場合
被保険者の自殺
契約してからある一定期間以内に被保険者が自殺した場合

保険金殺人
生命保険の受取人や契約者が故意に被保険者を殺害した場合

重大な過失
被保険者や契約者が故意ではないかと思われるくらいの過失があった場合

犯罪
被保険者が犯罪行為をした場合

自然災害
地震、噴火、津波などの自然災害が原因で死亡した場合
(阪神大震災時は支払われたようです。)

戦争など
戦争や革命などが原因で死亡した場合

その他
無免許運転や飲酒運転により、死亡した場合にも保険金が貰えません


このように、上記のような場合に該当した場合には、免責事項に該当し、

生命保険の保障が受けられなくなります。また、生命保険の契約自体を抹消されてしまう

場合もあります。

この為、どのような事をすれば、また、どのような事がおこれば、この免責事項

該当するのかを、契約前にしっかりと確認しておきましょう。




【ポイント】

生命保険の免責事項で特に注意が必要なのが、告知義務違反です。生命保険の加入前の1年前に病院へ通院していたかということを聞かれても、ほとんどの人が覚えていません。

1年前に風邪を引いて、通院をしていたかをしっかり思い出さないと、病気で入院した時に入院給付金が貰えない可能性も出てきます。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月28日 16:35