契約時の注意点

ここでは、生命保険の契約を行なう前に確認したり、知っておいた方が良いと思える事をまとめてみました。

生命保険の契約時の注意点

生命保険の契約時には、自分に合った保障内容であれば、問題がないと思い契約をしてしまうことでしょう。しかし、ここで説明している内容も考慮して生命保険に加入しておくことにより、よりいっそう安心して、間違えが無い生命保険に加入することができます。

生命保険の契約時の営業担当者の注意点

生命保険の契約を行なう場合に、一番、安心して間違えの無い生命保険選びを行なうのには、生命保険の営業担当者選びが大切になります。生命保険の営業担当者の選び方によっては、良い生命保険に入れるか悪い生命保険に入れるかが決まると言ってみいいです。

生命保険の契約書・契約約款の注意点

ここでは、契約書・契約約款のふたつについての注意点について説明しています。一般的に、生命保険に加入する場合には、生命保険の営業担当者や提案書、チラシなどで生命保険を選ぶと思いますが、これらだけでは盲点となってしまうことがあります。

生命保険の契約者・被契約者・受取人の設定について(死亡保険など)

生命保険に加入するときに必ず決めるのが、契約者被契約者受取人です。ここでは、死亡保険などの自分が病気やケガをした時の為の生命保険について説明しています。

生命保険の契約者・被契約者・受取人の設定について(医療保険など)

生命保険に加入するときに必ず決めるのが、契約者被契約者受取人です。ここでは、医療保険などの自分が病気やケガをした時の為の生命保険について説明しています。

生命保険の保障開始のタイミング(責任開始期)

生命保険は、申込書を提出しただけでは、生命保険の保障を受けることが出来ません。ここでは、どの段階から生命保険会社の保障を受けることが出来るのかという生命保険会社の「責任開始期」について見て行きます。

健康状態に自信がない人向け(仮査定制度)

生命保険に加入しようと思うが、健康状態に自信が無い場合で、ひとつの生命保険会社に断られると、他の生命保険会社にも加入しにくくなると思われている場合には、生命保険の仮査定制度を利用すると良いでしょう。

生命保険の「免責事由」

ここでは、生命保険の保障が受けられない場合について見て行きます。生命保険には、「免責事由」というのがあり、この「免責事由」に該当した場合には、生命保険の保障が受けられません。また、場合によっては、生命保険の契約自体が抹消されることもあります。

生命保険の「告知」

生命保険の契約を行なう時には、必ず告知を行なうか、医師の診断を受ける事になります。ここでは、なぜ、生命保険の加入する時に告知をする必要が有るのかについて見て行きます。

生命保険の「告知義務違反」

生命保険の契約を行なう時に注意しないといけないのが告知義務違反です。ここでは、どのような時に告知義務違反に該当するのかを見て行きます。

生命保険の「告知義務違反」(続き)

生命保険の契約を行なう時に注意しないといけないのが告知義務違反です。ここでは、どのような時に告知義務違反に該当するのかを見て行きます。

「告知義務違反」の時効

生命保険の契約を行なう時に注意しないといけないのが告知義務違反です。ここでは、告知義務違反をしてしまったが、告知義務違反の適応を受けない場合について見て行きます。

生命保険の「クーリング・オフ」

生命保険の場合でも、条件さえそろえば、クーリング・オフの適応を受けることができます。ここでは、どのような時にクーリング・オフの対象になるのかを見て行きます。

生命保険に加入後に「告知義務違反」に気付いた場合


生命保険に加入する時に行なう、告知は、生命保険の営業担当者によっては、かなりいい加減な内容でも告知を行うことはないでしょうか?