基礎知識

死亡と貯蓄に備えた生命保険

スポンサーリンク


生命保険に加入すると、当たり前ですが、保険料を支払うことになります。せっかく支払う保険料ですので、支払った保険料を使って貯蓄も出来ればと思う人は多いと思います。ここでは、このように生命保険の保障と貯蓄の2つを兼ねそろえた生命保険について説明して行きます。


ここでは、死亡時の保障と貯蓄の両方の機能を持った生命保険について説明していきます。

最近では、色々と多くの種類の生命保険が販売されていますので、貯蓄を兼ねた生命保険は、

色々とあると思います。ここでは、すべての生命保険を説明すると、難しい内容になる為、

混乱をきたしてしまう可能性があります。

この為、ここでは、貯蓄を兼ねた生命保険の基本形とも言える下記の生命保険の説明をして行きます。

養老保険
こども保険


これらの「養老保険」、「こども保険」のことを生死混合保険と言います。

ここでは、この生死混合保険について見ていきます。




死亡と貯蓄に備えた生命保険とは?


死亡と貯蓄に備えた生命保険とは、死亡保険と生存保険(貯蓄に優れた保険)

を組み合わせたもので、保険加入者が死亡した場合は、「死亡保険金」が支払

われ、満期まで生きていた場合は、「満期保険金」が支払われる生命保険です。




養老保険

養老保険とは、15年とかのように、一定の決まった期間の間、養老保険に加入するタイプの生命保険です。養老保険に加入した場合には、もし、養老保険の保障期間に亡くなった場合には、死亡保険金としてお金が貰うことができます。

また、養老保険の保障期間が満了した場合にも、満期保険金として、お金を貰うことができます。養老保険の特徴としては、死亡時に貰える死亡保険金と満期じに貰える満期保険金の金額が同じ金額になっています。

養老保険は、貯蓄重視の生命保険である為、保障性は低い生命保険です。また、金利が低い時代の場合にいは、養老保険の利率も低くなっているので、貯蓄性が悪くなり、あまり利用されない生命保険になってしまいます。

金利が高い時代なら、利率も高くなりますので、生命保険と言えば、養老保険と言われていたぐらい人気があった生命保険です。

こども保険

こども保険とは、一般的に子供の教育資金の準備をする為に利用される生命保険で、親が契約を行い、子供が加入することになります。

こども保険の保険の保障期間は、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳など色々と準備がされており、生命保険会社によって違う場合もあります。この15歳、17歳、18歳、20歳、22歳の満期になると、まとまったお金を受け取れます。

また、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学のように子供の進学に合わせて祝い金として、ある程度のお金が貰うことが出来るのもこども保険の特徴です。

こども保険は、もし、親が死亡した場合には、それ以後の保険料の支払いは無くなります。しかし、その後の祝い金や満期時に支払われる保険金は契約どおり支払われます。

また、こども保険は、保障重視と貯蓄重視の2つのタイプに分けることができます。これは、こども保険は、を販売している生命保険会社の違いにより、こども保険は、の特徴の違いとなっています。


【ポイント】

養老保険、こども保険などの貯蓄重視の生命保険は、実際にどれくらいの金額が貯蓄できるのかを十分に検討する必要があります。

貯蓄重視の生命保険とは言え、支払った保険料の総額よりも、貰えるお金が少ない場合も有りますので、しっかりと貰える金額と支払う金額を確認しておきましょう。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月21日 02:50