基礎知識

終身保険について

スポンサーリンク


死亡保険について説明してきましたので、ここでは、この死亡保険のひとつである終身保険について説明しています。



終身保険とは?


終身保険とは、終身という名前の通り、生命保険の保障が一生涯にわたり保障される

生命保険のことです。一生涯に渡り、死亡保障が適応される為に、必ず死亡保険金として

保険金を受け取る事ができます。




終身保険の特徴としては、定期保険に比べ下記のメリットがあります。

・死亡保険金が必ず受け取れる
・相続対策に利用できる為、税金が相続税の適用を受け、税額が低くなる傾向にある
・保険料が掛け捨てで無いので、途中で解約しても、ある程度のお金が戻ってくる
・保険料は、一定で、途中で高くなる事が無い




ただし、終身保険は、定期保険に比べ、更新形の場合は、下記のデメリットもあります。

・定期保険と比べ保険料が高め
・長生きした場合に保険金以上に保険料を支払うことになる場合がある




また、終身保険は、保険料の支払い方が下記のように2つの方法があります。

終身払 生きてる限り、一生涯、保険料を支払い続ける
有期払 当初に決めた一定期間の間、保険料を支払い、保険料の支払いを生きている間に終わる




有期払いの終身保険の場合には、さらに2つに分類することができます。

契約時に決めた期間、保険料を支払う
定年退職を迎えるまで、保険料を支払う




有期払いの終身保険の場合には、このように保険料の支払い方を分類することが

出来るために、定年退職後に保険料の出費を抑えたい場合などにも対応が出来ます。


このどちらの方法で、終身保険の保険料を支払うかによっても、

メリット、デメリットが出てきます。

終身払のメリット
毎月支払う保険料が有期払いに比べて安い

終身払のデメリット
一生涯、保険料を支払う必要がある
生きてる限り保険料を支払うので、貰える保険金以上に保険料を支払う可能性がある

有期払のメリット
支払う保険料の総額が終身払いよりも安い
保険料の支払いが一定期間である為、例えば、老後になってからの保険料の支払いが無くなる

有期払のデメリット
終身払いに比べて、毎月、支払う保険料が高い


このように終身保険の場合には、保険契約の満期日が無い為に、

終身保険加入者が死亡するまで死亡保険金を受け取る事が出来ないという特徴があります。




ただし、終身保険の場合には、もしも、予定外に老後の資金など、

お金が必要になった場合に終身保険を解約することで、解約返戻金として

ある程度のお金を受け取る事が出来るため、もしもの時の備えとする事も可能です。




このように途中で終身保険を解約場合の注意点としては、

もし、終身保険に特約として医療保障を付けている場合には、

終身保険を解約した時点で、特約部分の医療保障も無くなります。




また、終身保険の場合には、契約している内容にもよりますが、

死亡時の保険金が1000万円の場合には、300万円分を解約して、300万円分の

保険金に該当する解約返戻金を受け取る事も可能な場合があります。




このように終身保険の保険金の一部を解約する場合には、特約として医療保障が

付いている場合には、医療保障の保障金額も減らされるのが一般的になっています。

一般的に終身保険のお金は、残された家族の生活費、

老後の資金、葬儀費用、遺産相続用の資金として使われます。




【ポイント】

終身保険は、一生涯の死亡時の保障をする為の生命保険である為、加入当初から、終身保険への加入目的をしっかりと決めてから契約するようにしましょう。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月20日 05:02