基礎知識

契約者・被保険者・受取人の設定の注意点

スポンサーリンク


前のページでも説明しています契約者・被保険者・受取人について、さらに深く見て行きます。しっかりと、この関係を理解しておくと、生命保険の保険金や給付金を受け取るときに有利になる場合があります。



ここでは、生命保険の見直しや加入する時に必ず出てくる、基礎的な事項である、

契約者・被保険者・受取人の設定時の注意点について見て行きます。




契約者・被保険者・受取人の設定のポイント


契約者・被保険者・受取人を誰にするかは、しっかりと考えて決めておく必要があります。

特に契約者・受取人を誰にするかは、考えて決める必要があります。

これは、

契約者 お金を支払う人
受取人 お金を貰う人



という関係になっているため、契約者と受取人が同じ人の場合と

契約者と受取人が違う人の場合とでは、

支払う税金の種類が違ってくるためです。




死亡保険や個人年金保険などの場合


特に、死亡保険や個人年金保険などの場合には、この契約者と受取人を誰に

するかを考えて決めておかないと、税金として支払う、保険金や個人年金額の

金額に違いが違って来るためです。


契約者と受取人を誰にするかによっては、下記のような税金が課税されます。

相続税
贈与税
雑収入
一時所得



このどの税金が課税されるかによって、生命保険会社から保険金や年金を受け取った時に

あなたが支払う税金の金額が違ってきます。

つまり、実質的に受け取れる金額が変わってくると言っていいでしょう。





医療保険などの場合


なお、医療保険の場合には、契約者と受取人は同じ人に

しておく事をお勧めします。なぜかと言いますと、医療保険の場合には、

契約者と受取人が同じ場合には、生命保険会社から

貰える給付金に対して、税金が課税されないためです。


もし、医療保険で、契約者と受取人を違う人にした場合には、

生命保険会社から貰った入院給付金、手術給付金などの給付金に対して税金が課税される為です。


【ポイント】

案外、簡単に契約者・被保険者・受取人は決めがちです。契約者・被保険者・受取人を決める時には、保険金や給付金を受け取る時の事を考えて決めましょう。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月20日 02:05