基礎知識

契約者・被保険者・受取人の関係

スポンサーリンク


前のページでも説明しています契約者・被保険者・受取人について、さらに深く見て行きます。





ここでは、生命保険の見直しや加入する時に必ず出てくる、基礎的な事項である、

契約者・被保険者・受取人とはどのようなものか、

確認をしていきます。契約者・被保険者・受取人については、

知っているとは思いますが、前のページで説明している内容をさらに詳しく説明して行きたいと思います。




契約者・被保険者・受取人について、しっかりと理解しておく事で、

ここでは説明していませんが、生命保険についての税金に関する知識を勉強した時に

理解し約すなり、死亡保険金や満期保険金を受け取った時の手取りのお金の金額が変わってきます。




契約者・被保険者・受取人の関係とは


生命保険を契約する時に指定する項目のひとつに下記の3つがあります。

契約者
被保険者
受取人



契約者・被保険者・受取人を設定する場合には、契約者・被保険者・受取人は、

生命保険の契約上は、すべて違う人を設定しても、すべて同じ人を設定しても良いです。


ここでは、生命保険の基礎として、契約者・被保険者・受取人の関係について説明しておきます。

基本的に契約者・被保険者・受取人については、下記の図のような事になります。


契約者・被保険者・受取人の関係図






契約者とは?


生命保険の契約者とは、生命保険会社と保険の契約を行なう人のことになります。

契約者は、生命保険会社と生命保険の契約を行なう人である為、生命保険の

契約内容の変更を行なう事が出来る権利があります。

また、契約者は、生命保険の契約上の権利を持っている為、

生命保険の保険料の支払い義務があります。



【ポイント】

契約者は、生命保険の契約を行なう人で、保険料を支払う人のこと。






被保険者とは?


生命保険の被保険者とは、生命保険の保障を受けることが出来る人のことです。


死亡保険に加入している場合には、この被保険者が死亡したり、

高度の障害を負った状態になった場合に死亡保険金を貰う事が出来ます。


医療保険に加入している場合には、被保険者が病気やケガなどで

入院した場合に給付金が受け取れます。


これらの死亡保険金や給付金は、被保険者にではなく、受取人に支払われます。

生命保険に加入する時には、告知か医師の診断が必要になります。

この告知か医師の診断を受けるのが、この被保険者になります。



【ポイント】

被保険者は、生命保険の保障の対象者です。






受取人とは?


生命保険の受取人は、生命保険会社からお金を受け取ることが出来る人のことです。

死亡保険に加入している場合には、受取人に対して、生命保険会社から

死亡保険金が支払われます。

医療保険に加入している場合には、受取人に対して、生命保険会社から給付金が支払われます。



【ポイント】

受取人は、被保険者に、もしものことがあった場合に生命保険会社から保険金・給付金などの形式でお金を受け取ることが出来る人のことです。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月20日 00:01