基礎知識

生命保険の基本形

スポンサーリンク


最近では、色々な生命保険会社から多くの保険商品が販売されています。ここでは、この色々な種類の保険商品をシンプルに分類しています。まずは、生命保険の基本形を知ってみてはどうでしょうか。



生命保険の基本形


生命保険と言っても何を目的に生命保険に加入するかによって

加入する生命保険に違いがあります。

基本的に、生命保険を分類すると下記のような2つに分ける事ができます。

死亡保険 死亡した場合に備えて加入する生命保険です。
医療保険 病気やケガなどをした場合に備えて加入する生命保険です。


このように、生命保険と言っても、対象となる保障内容という視点から分類する事により、

死亡保険と医療保険という2つの生命保険に分ける事ができます。


もちろん、生命保険に加入する場合や見直しを行なう場合には、この2つの

死亡保険と医療保険を別に考える必要がでてきます。

これは、死亡保険と医療保険の生命保険の用途が違うためです。


上記は、生命保険を簡単に理解しやすいようにする為に2つに分けて説明しました。




生命保険のをさらに細かく分類


実は、生命保険は、さらに細かく分類することが出来ます。それは、死亡した時や病気をした時以外の

為の生命保険です。具体的には、個人年金保険のように生きている間に保険金を貰う場合や

養老保険のように貯蓄と死亡保障の両方を兼ね揃えた生命保険です。

これらのことをふまえて、さらに、生命保険を分類すると下記のようになります。


死亡保険 死亡保険の場合には、下記の場合に保険金が貰う事が出来る生命保険です。

【保険金が貰える条件】

・死亡した場合
・高度の障害を負った場合
生存保険  生存保険の場合には、下記の場合に保険金が貰う事が出来る生命保険です。

【保険金が貰える条件】

・生命保険の保障期間が満了した場合
生死混合保険 生死混合保険の場合には、下記の場合に保険金が貰う事が出来る生命保険です。

【保険金が貰える条件】

・死亡した場合
・高度の障害を負った場合
・生命保険の保障期間が満了した場合
医療保険 医療保険の場合には、下記の場合に給付金が貰う事が出来る生命保険です。

【給付金が貰える条件】

・入院した場合
・手術をした場合
など




このように、生命保険は、下記の4つに分類して考える事が出来ます。

・死亡した時の為
・死亡した時と生存した時の為
・生存している間の為
・病気をした時の為


このため、死亡した時や病気をした時などの生命保険以外にも

必要に応じて、どのような生命保険に加入するのかを検討する事が必要になります。




【ポイント】

・生命保険には、目的により違う形式の生命保険の保険商品を探す必要があります。

・まずは、何を目的に生命保険に加入しようと思っているのかをチェックしましょう。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月20日 02:36