基礎知識

生命保険は必要なのか?

スポンサーリンク


そもそも、生命保険とはなぜ必要なのでしょうか?




私達が生活をしていて、突発的に事故や病気などのアクシデントがなく平穏無事に生活が

できていれば何も問題はありません。しかし、このような突発的な事故や病気、または、

災害などが起きないという保障はどこにもありません。



もし、このような突発的なアクシデントが起こり、家計を支えている一家の大黒柱の人が

死亡したり、長期の入院をすることになり、働けなくなった場合には、一家の生活が立ち行かなく

なる場合が出てきます。



このような時に十分な預貯金があるのであれば、一家の大黒柱が働けなくなっても預貯金を

取り崩して生活をしていけば良いでしょう。しかし、一般的な家庭の場合には、

働けなくなった場合に預貯金だけで生活をして行くのは難しいと思います。

このような自体になった時に家計の支えになるのが生命保険です。



ここで、もし突発的なアクシデントが起こった場合の生命保険と預貯金の違いを図にしてみました。




【預貯金の場合】

生命保険と預貯金の比較画像(預貯金の場合)

突発的なアクシデントに預貯金で備えている場合には、十分な金額を貯めるまでに時間が掛かります。




【生命保険の場合】

生命保険と預貯金の比較画像(生命保険の場合)

生命保険に加入した段階で、突発的なアクシデントがあっても生命保険の保障額で準備することができます。



この図を見て頂ければ理解しやすいと思いますが、

預貯金でアクシデントが起こった時に備えようと思うと時間が掛かる為に、

もしもの時に必要になるお金を準備できないリスクがあります。

このように生命保険の場合には、十分な保障を即日に準備をする事ができるので、

もしものアクシデントが起こった時の備えに生命保険を利用すると有効になります。



例えば、病気をして長期の入院が必要になった場合には、病気の治療の為の医療費が必要になります。

また、病気の間の生活費も必要になります。このような時に生命保険で保障を準備しておくと

預貯金と比べると保障を即財に準備できるので安心できます。



また、一家の大黒柱の人が突然死亡した場合などは、残された家族の生活が立ち行かなくなります。

このような場合にも生命保険で保障を確保しておく事で、十分な預貯金が貯まる前に、

残された家族の生活を保障することが出来るようになります。



つまり、生命保険を利用する事で、もしもの時の家計の経済的なリスクにすぐに備える

ことが出来るという事です。



このような事から生命保険に関する知識を学ぶ事で自分に必要な保障や起こりうる経済的なリスクは

どれくらいなのかを知る事ができます。また、自分で生命保険のことを学ぶ事で、

必要最低限の保険料であなたに必要な保障額を準備することが出来るようになります。





【ポイント】

・生命保険を利用する事でもしもの時のアクシデントがあった時に必要になるお金を即座に
 準備することができるようになります。







スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月18日 20:56