生命保険の種類

介護保険について

スポンサーリンク


ここでは、介護保険とは、どのような生命保険であるかを説明しています。


介護保険について


介護保険とは、公的な介護保険と民間の介護保険があります。

ここでは、民間の介護保険を説明しています。



民間の介護保険は、ニーズが高くなっているようです。それは、2000年から始まった、

公的な介護保険制度に起因しているようです。これは、少子高齢化や核家族化の問題に伴ってだと

考えられます。では、民間の介護保険とは、どのような生命保険なのでしょうか。




民間の介護保険の保障内容


民間の介護保険は、介護保険の保障の対象者が寝たきりになったり、認知症になって、介護が

必要になった時に年金形式や一時金などで、お金を受けとることが出来ます。



ただし、民間の介護保険は、介護が必要な状態になった場合には、すぐにお金が受け取れる

訳ではありません。介護が必要な状態になってから180日などの一定期間が経過してからしか

貰うことは出来ません。



では、民間の介護保険で言う、「寝たきり」や「認知症」の状態とはどのような状態でしょうか。



介護保険の対象症状


民間の介護保険で、「寝たきり」という状態は、どのような状態になった時なのでしょうか。

それは、「ベットの周辺を自分で歩く事が出来ない状態」が基本になります。

この「寝たきり」の状態とは、具体的には、下記のような状態です。

・食べ物を自分で食べる事が出来ない
・自分で入浴が出来ない
・衣服の着替えが自分で出来ない
・大便・小便をした後の拭き取り始末が自分で出来ない




また、民間の介護保険でいう「認知症」と認定される状態とは、下記のような場合です。

・医師に認知症と診断された場合
・意識障害
@朝・昼・夜や季節の認識が出来ない
A自分の家の場所が分からない
B家族や友人などの人の認識が出来ない
・寝たきりの状態のいくつかに該当する



上記のようなに「寝たきり」「認知症」の状態になった場合には、一時金や年金形式

などで民間の介護保険から保険金が受け取れます。



次は、この「寝たきり」「認知症」の状態と保険金が受け取れる条件について

下記で見ていきたいと思います。



介護保険の給付対象条件


民間の介護保険で、保険金を貰う為には、単純に「寝たきり」になっただけではもらえません。

下記のような条件に該当した場合に貰うことができます。

・「寝たきり」+「認知症」
・「認知症」


上記のように「寝たきり」と「認知症」の症状が両方でた場合と「認知症」の症状がでた場合のみと

2種類があります。また、公的な介護保険と連動したタイプの介護保険もあります。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年06月29日 21:49