生命保険の種類

リスク細分化型保険について

スポンサーリンク


ここでは、リスク細分化型保険とは、どのような生命保険であるかを説明しています。


リスク細分化型保険について


リスク細分型保険とは、生命保険会社がリスクが少ない人と認めた場合には、普通に加入

するよりも安い保険料で生命保険に加入することができる生命保険です。



このリスクが少ない人とは、病気にかかりにくい人のことになります。つまり、生命保険会社としては、

保険金や給付金の支払いを行なう可能性が低いと言うことになりますので、生命保険会社は、

生命保険の保険料を安く設定することが出来る訳です。



リスク細分化型保険の保険料


リスク細分化型保険の場合の保険料は、通常支払う保険料をベースに

・非喫煙者保険料率
・優良体保険料率
・非喫煙者優良体保険料率



のような料率を乗じて、支払う保険料を決めることになります。非喫煙者保険料率の場合は、

喫煙をしない人の場合には、保険料が20%ほど安くなる場合もあるようです。



では、ここで、「非喫煙者保険料率」「優良体保険料率」「非喫煙者優良体保険料率」の3つの

料率について具体的に見ていきたいと思います。

非喫煙者保険料率
非喫煙者保険料率とは、生命保険会社によって多少の違いはありますが、
過去1年、2年の間、タバコを吸っていない場合で、保険会社の基準以上の
健康体であれば、通常の保険料に比べて、保険料が割り引かれます。

保険料が安くなる割合は、生命保険会社によって違いますが、20%ぐらい
が一般的のようです。なかには、最大28%保険料が安くなる生命保険会社
もあるようです。

また、非喫煙者保険料率を一度適応を受けると、生命保険の更新時に再度、
告知や検査が必要になる場合があります。ただし、最近では、更新時の告知や
検査をする生命保険会社は減っているようです。

優良体保険料率
優良体保険料率とは、血圧や尿検査などの結果や身長と体重のバランスなど
が生命保険会社の基準を満たしていた場合に、支払う保険料が安くなる制度
です。

非喫煙者優良体保険料率
非喫煙者優良体保険料率とは、「非喫煙者保険料率」、「優良体保険料率」の
両方が適用になる人に適用される料率です。
つまり、生命保険会社の基準を満たしている健康体で、タバコを吸っていない場合です。

非喫煙者優良体保険料率は、「非喫煙者保険料率」、「優良体保険料率」の
両方を満たしている為、「非喫煙者保険料率」、「優良体保険料率」の単体の
適応に比べ、割引率はさらに良くなります。





スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年05月27日 01:26