生命保険の種類

養老保険について

スポンサーリンク


ここでは、養老保険とは、どのような生命保険であるかを説明しています。


養老保険について


養老保険とは、貯蓄性の高い生命保険です。もちろん生命保険ですので、保障も備わっています。

養老保険の保障は、死亡保障になります。



養老保険は、保障期間の間に加入者である被保険者が死亡した場合には、死亡保険金として

お金が貰えます。また、保障期間が満了した段階で満期保険金として、お金が貰える生命保険です。

死亡保険金
加入者である、被保険者が保障期間中に死亡した場合には、死亡保険金として
お金がもらえます。

満期保険金
保障期間中に加入者である被保険者が死亡せずに、保障期間が満了した場合には、
満期保険金としてお金がもらえます。



養老保険の特徴


養老保険の特徴としては、死亡保険金満期保険金の金額が同額程度であるという

点があげられます。



また、金利が高い時代には、生命保険と言えば、養老保険と言われていた時代もある程、

人気があった生命保険です。これは、金利が高い時代には、養老保険の予定金利も高かった為に、

貯金の変わりに養老保険に加入していても十分な金利が付いて、効率よく貯蓄が出来る生命保険で

あった為です。



しかし、金利が低い時代になって、養老保険の予定利率が下がると養老保険の貯蓄性が

下がってきた為に、あまり利用されなくなってきている生命保険です。

予定利率が高い場合
養老保険は、貯蓄を兼ねて利用するメリットあり。

予定利率が低い場合
養老保険は、貯蓄性がほとんど無くなる。



養老保険の保険の保障期間は、5年、10年、15年、20年、30年などのような保障期間があります。

この為、将来必要となる子供の為の教育資金や住宅購入資金などの、ある程度のまとまったお金が

必要なものの準備する為に利用すると良いでしょう。



養老保険と定期預金


もし、お金を貯めることを考えた場合には、生命保険では無く、銀行の定期預金を利用する方法もあり

ます。ここでは、養老保険と定期預金について比較してみたいと思います。

養老保険
貯蓄部分については、少しずつ増えていきます。
しかし、生命保険としての保障がある為、加入当初は、ほとんど貯蓄される
金額はありません。

生命保険の死亡保障が付いている為、保障期間が開始されたてすぐに死亡した
場合には、死亡保険金が貰えます。

定期預金
貯めるお金は、少しずつ増えていきます。
もし、途中で、死亡した場合には、以後の貯蓄が難しくなります。



 
また、養老保険には、定期保険特約付養老保険というのもあり、加入者が死亡した場合には、

満期保険金の5倍、10倍、20倍の保険金を受け取ることも可能です。



養老保険の種類

養老保険には、配当金があるものや配当が無いものなど、色々なタイプの養老保険があり、外貨建て

の養老保険もあります。この為、養老保険に加入する場合にもあなたの加入目的に合わせて自分に

あったタイプの養老保険を選択する必要があります。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年05月01日 01:09