生命保険の改定関連

標準生命表の改定で生命保険にどのような影響がでるか?

スポンサーリンク


ここでは、2007年4月に11年ぶりに改定された、標準生命表が生命保険に加入や見直しを行なう場合には、どのように影響が出てくるかを見ていきたいと思います。


【標準生命表の改定で生命保険にどのような影響がでるか?】


標準生命表とは、1年間に性別、年齢ごとに死亡する割合を記した一覧表のことです。生命保険会社は、この1年間に死亡する割合を記している標準生命表を参考にして、生命保険の保険料を決める時に参考にしています。


生命保険の保険料を決める場合には、生命保険に加入する人に平等になる為に、生命保険の保険料は、死亡率の多い性別、年齢では、生命保険の保険料が高く設定されていて、また、死亡率が低い性別、年齢では、生命保険の保険料が低く設定されています。


このように、生命保険の保険料は、死亡率によって違っているのは、生命保険が相互扶助の考えの元に作成されている為です。相互扶助とは、多くの人がお金を出し合って、もしも、死亡や病気をした場合に、皆が出し合ったお金の中から保険金として支払う仕組みの事を言います。


このように、生命保険では、相互扶助を行なう仕組みになっている為に、死亡率が高い性別、年齢の場合には、公平性を保つ為に、保険料を高くしていて、また、死亡率が低い場合には、保険料を低くしています。


これは、一件、不公平のように思われるかも知れませんが、生命保険に加入する場合に、全ての加入者が同じ条件で生命保険に加入している場合に、死亡率が高い年齢や性別の人の場合には、保険金を貰う可能性が高いのに対して、死亡率が低い年齢や性別の人の場合には、保険金を貰う可能性が低いので、保険金を貰う可能性が低い人と高い人を平等になるようにする為に保険料に差がでています。



標準生命表についてに戻りますが、今回の2007年の標準生命表の改定では、ほとんどの年代、性別で、死亡率が低くなっています。


このように、標準生命表の改定に伴ない、生命保険に加入する場合の保険料も変更になっているようです。




標準生命表の改定による生命保険加入者への影響】


標準生命表の改定が行なわれた事に伴ない、生命保険に加入している人への影響は、年代や性別によっても違いがありますが、多くの年代や性別で、1年間に死亡する死亡率は、下がっています。


この為、今回の標準生命表の改定に伴ない、生命保険の保険料が保険の種類によっては、下がっている場合もあれば、上がっている場合もあります。


このような標準生命表の改定に伴ない、既に生命保険に加入している人は、今と同じ保障内容でも毎月支払っている保険料が下がる場合もありますので、一度、生命保険の見直しを行ない確認しておく事をオススメします。


保険料が下がっている生命保険や保険料が上がっている生命保険があるのは、死亡保険や医療保険、個人年金保険などのように、生命保険にも色々な種類がある為、生命保険の保障の内容によって、標準生命表の改定に伴ない、保険料がどのようになるかは違ってきます。



スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年10月30日 13:35