生命保険の勘違い・・・?

学資保険についての勘違い

スポンサーリンク


ここでは、学資保険についての勘違いを見て行きます。
子供のためにと思って加入されると思いますが、どのような保障があれば良いのでしょうか。また、どれくらいの貯蓄性があるのでしょうか。



学資保険についての勘違い


学資保険は、子供の教育資金の為に利用する生命保険です。一般的にも学資保険というと、

子供の教育資金を貯めるために加入する人が一般的だと思います。しかし、場合によっては、

効率よく教育資金を貯める事が出来ていない場合があります。



学資保険の注意点


学資保険は、金利が高かった時代には、学資保険の予定利率も高く、子供が生まれたら郵便局の

学資保険に加入する人が多かったです。これは、保障を兼ねて、学資保険を使って、お金を貯める

のに適していた為です。



しかし、金利が低い時代になると、学資保険の予定金利が下がってきますので、学資保険で十分な

貯蓄を行うことが難しくなります。これは、学資保険でお金を貯めた場合の金利が下がってくる

からです。


例えば、18歳の満期時に受け取れる金額が300万円でも、支払う保険料の総額は、300万円以上

になる場合があります。つまり、元本割れを起こした状態になると言うことです。



なぜ、元本割れが起こるのでしょうか?

それは、子供の教育資金を貯める為の生命保険といっても、学資保険は、保険である為、保障機能が

ついている為です。つまり支払った保険料がすべて貯蓄にまわされる訳では無いと言うことです。



学資保険の場合には、例えば、一家の大黒柱である、父親が亡くなった場合には、保険料を支払う

必要が無くなります。保険料を支払わなくても満期時に満期金が受け取れるような保障がついています。

このような、保障を購入する費用が発生している為に、予定利率が低い場合には、十分な金額の利率

が無く、元本割れを起こしてしまう可能性があります。



もし、子供の医療保障を目的や親が亡くなった時にことを考えて学資保険に加入しようと考えて

いる人の場合なら学資保険の保障を目的として加入するので、元本割れをおこしたとしても問題は

ないと思います。



ただし、学資保険を子供の教育費用の為の貯蓄として考えている人の場合には、元本割れを起こさ

ないかどうかを先に確認してから学資保険を選ぶ必要があります。



元本割れを起こさないか確認を行う場合には、まず、あなたが支払う保険料の総額を確認する

必要があります。この支払う事になるお金の金額が学資保険が満期になった時に貰える金額よりも

少なければ、元本割れを起こしていません。



また、貯蓄の為に学資保険を利用する場合には、学資保険の予定利率も確認しておくと良いでしょう。

予定利率とは、定期預金などで言う金利のようなものと思って頂ければ良いです。



この予定利率がどれくらいの利率であるかをチェックすることで、学資保険以外の方法で教育資金を

貯めて行く方が良いのかも比較検討が行えます。



また、もし、一家の大黒柱の夫にもしもの事があった場合の教育資金は、夫の死亡保障で対応するのも

ひとつの方法です。子供の教育資金のための保険は、郵便局の学資保険以外に色々な生命保険会社

で取り扱っています。郵便局の学資保険以外の子供の教育資金向けの資料は、下記サイトから取り寄

せる事が可能です。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月29日 03:42