既存の加入内容の変更

生命保険の保障額の調整方法

スポンサーリンク


ここでは、生命保険の保障額を調整する方法について見ていきます。



生命保険の保障額の調整方法


生命保険の見直しを行おうと思うタイミングは、生命保険の保障期間が満了する時や子供が産まれ

た時、定年退職をした時などではないでしょうか。このように、生命保険の保障期間が切れる場合や

家族構成や仕事などに変化があった場合には、生命保険の契約転換を行ったり、新しい生命保険に

加入することになります。



基本的に老後までを考えることをお勧めします。特に医療保障については、老後になってからも視野

にいれて考えておく方がいいです。これは、老後になってから加入すると生命保険の保険料が高くな

るからです。新たに加入する生命保険については、終身保険や保険期間が長い定期保険を利用する事

をお勧めします。



もし、定期保険特約付終身保険などの場合には、定期部分の保障額と終身部分の保障額を入れ替

える方法があります。このような方法を生命保険の組換え制度と言います。



生命保険の組換え制度とは、終身保険部分の死亡保障額が100万円で定期部分の死亡保障額が

2900万円の場合を考えます。このように終身保険部分の保障額が100万円である場合は、

一般的には少ないと言えます。



少ないからといって、定期部分を2900万円を維持して、終身部分を300万円に増額する場合には、

さらに支払う保険料が増えたり、健康状態の告知が必要になります。しかし、終身部分を300万円

にした場合でも、定期分を2700万円として、定期分と終身部分の合計した金額が変わらない場合

には、保険の組換え制度を利用することにより、健康状態の告知を必要としないで変更が可能です。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月29日 03:29