既存の加入内容の変更

保障が多すぎた場合(中途減額)

スポンサーリンク


ここでは、必要以上の保障が付いている生命保険に加入していたことが分かった場合に、保障額を下げる方法について見て行きます。



保障が多すぎる生命保険に加入している場合


生命保険に加入する時に生命保険の営業担当者に言われるままの内容の生命保険に加入した場合

には、必要以上の保障内容、保障額が付いている生命保険に加入している場合があります。



このような場合に、生命保険の見直しを行うと、必要以上の保障内容や保障額が付いている場合が

ありますので、生命保険の見直しが必要になります。



保障が多すぎた場合(中途減額)について


上記のように必要以上の保障の生命保険に加入していた場合には、生命保険の見直しを相談に

行くと、新しい生命保険に加入しなおす方法を勧められる場合があります。



このように今までの生命保険を解約して、新しく生命保険に加入しなおす場合には、注意が必要です。

これは、新たに生命保険に加入し直すことで、今までの生命保険を利用するよりも、生命保険の

保険料が高くなる場合があるからです。



これは、生命保険の保険料が加入する時の年齢で計算されるために同じ、生命保険の保障内容で

あれば、若いうちに加入した生命保険の方が保険料が安くなるからです。



この為、必要以上の保障が付いていた場合には、新しい生命保険に加入するよりも、保障額を減額

した方が有利が場合があります。




生命保険を中途減額する方法


例えば、4000万円の死亡保険金が付いた生命保険に加入していた場合に、本当は、1000万円

の保障があればいい場合には、この差額の3000万円部分を解約する事ができます。もちろん、

保障額が少なくなるに伴い、あなたが支払う保険料も安くなります。



死亡保障の減額を考えた時に考えられるのが、定期付終身保険のような保険商品です。

この定期付終身保険の場合は、定期部分の特約と終身保険部分の主契約部分があります。

このように特約と主契約に分かれている生命保険の場合には、こ特約部分と主契約部分の

両方に対して、減額が行なえる方法が可能な場合があります。



また、特約部分のみの減額が可能な場合と主契約部分のみの減額が可能な場合などと色々な方法が

あります。どの方法が利用可能であるかは、生命保険会社や契約内容によって違いがあります。



このように生命保険会社により、「減額」の内容に違いはありますが、死亡保障の死亡保険金額を

減額した場合に、特約である、医療特約の入院給付日額なども減額する必要がある場合があります。

また、保険金の減額部分は、解約として扱われるために解約返戻金が払い戻される場合もあります。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月29日 03:12