既存の加入内容の変更

既存の生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)

スポンサーリンク


ここでは、生命保険の見直しを行った時に、既存の生命保険を下取りに出して、利用して見直しを行う方法について見て行きます。



既存の生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)


生命保険の見直しをした場合に、よく、新しい生命保険に加入する人が多いと思います。このような

時に、既存の生命保険の契約内容を利用して、新しい生命保険に加入することで、保険料を安くする

ことが出来ます。このような方法を契約転換制という制度を使う事で可能になります。



契約転換制度のメリット


契約転換制のメリットは、既存の生命保険を利用することで新たに加入する生命保険の保険料の

毎月の支払額を少なくすることが出来るという点にあります。



また、契約転換を利用した場合には、特典として、普通に解約した時に貰うことが出来る

お金の金額が多くなります。



契約転換制度の利用条件


契約転換制度を利用する為には、今までに加入していた生命保険に解約返戻金がある必要が

あります。これは、契約転換制度を利用する場合には、既存の生命保険で積み立てていた保険料

を新しく加入する生命保険に加入する時に頭金として利用することになります。



この為、契約転換制度を利用する場合には、貯蓄型の生命保険である必要があります。掛け捨て型の

生命保険のように支払った保険料が積み立てられていない生命保険の場合には、契約転換制度の

利用はできません。



つまり、契約転換制度を利用すると、今まで加入していた生命保険で貯まっていた

解約返戻金を新しい生命保険の頭金にするような感じになります。



契約転換制度の利用ケース


生命保険の見直しを行なっていると、新たに生命保険に加入しなおす必要がある場合が多いです。

しかし、生命保険の保険料は、年齢が高くなるにしたがって高額になる傾向がありますので、

年齢によっては、新たに加入する生命保険の保険料が高額になる場合があります。



また、高齢になった時に子供がすべて独り立ちしている状態であれば、特に高額な保険料や保障額の

生命保険に加入する必要はありませんが、まだ、子供が独り立ちしていない場合には、生命保険の

保障が必要な場合があります。



このような場合に、保障内容や保障額を現状維持やさらに充実させたが、これに伴い保険料が高く

なると家計的に困る場合に利用すると良いのが契約転換になります。



契約転換制度の種類


契約転換制度の種類には、下記の3つの種類があります。

・基本転換
・比例転換
・定特転換


この3つの契約転換の内容は、下記のようになります。



【契約転換制度の種類】

下記では、「定期保険特約付終身保険」を例にしています。



【基本転換】
・終身保険部分のみに充当します。
・終身保険の保険料の負担が軽減されます。
・定期保険特約の保険料の負担は軽減されません。
・他の転換と比べると、保険料は高くなります。
・他の転換方法と比べると、返戻金の金額は多くなります。

基本転換



【比例転換】
・終身保険部分、定期特約保険部分に一定の割合で充当されます。
・終身保険部分、定期特約保険部分の両方の保険料が軽減されます。
・終身保険部分、定期特約保険部分に充当する割合も変えられます。
・基本転換に比べ、割安な保険料になりますが、返戻金の額は少なくなります。
・定特転換に比べ、返戻金の額は多くなりますが、保険料は高くなります。

比例転換



【定特転換】
・定期特約保険部分のみに充当します。
・定期特約の保険料の負担が軽減されます。
・終身保険部分の保険料の負担は軽減されません。
・他の転換と比べると、返戻金は少なくなります。
・転換部分の返戻金は、次の更新時にゼロになります。
・一定期間の保険料が安くなります。
・一定期間充実した保障が必要な場合に適しています。

定特転換



契約転換制度のポイント


生命保険の見直しに契約転換制度を利用しようと思っている場合のポイントは、下記のようになります。

・現在の生命保険を解約せずに下取りに出し、下取りの金額を新しい契約の 一部に充当します。
・契約転換を行った時点で、今までの加入していた生命保険は消滅します。
・契約転換制度による下取りに出した金額が新たに加入する生命保険に どれだけ充当できるかは、保険会社により異なります。
・普通に新規に加入した生命保険に比べ、毎月支払う生命保険の保険料が安くなります。
・新しく生命保険に加入する事と同じになる為、新たに告知または診査が必要になります。



契約転換制度と解約の違い


契約転換制度を利用する場合には、生命保険の契約を解約して、新しい生命保険に加入する為、

普通に既存の生命保険を解約して、新しい生命保険に加入するのと、作業的には、同じになります。



この為、ここでは、契約転換制度を利用する場合と解約した場合の違いについて見て行きたい

と思います。

・生命保険を解約した時に戻ってくる「解約返戻金」よりも、契約転換を行った時の「転換価格」のほうが金額が多いです。
・長期に生命保険の契約を継続した場合の特別配当が新しい生命保険に引き継がれます。
・告知義務に違反があった場合に新たに加入している場合は、契約解除になりますが、契約転換の場合は、前の契約していた生命保険に戻すことが可能です。



契約転換制度の注意点


・転換時の年齢で、生命保険の保険料が計算しなおされます。
・予定利率が高い時期に加入した生命保険の場合は、予定利率が下がる場合がある。
・現在加入している生命保険会社でしか利用ができません。

契約転換制度を利用する場合は、現在の契約内容と新しい転換後の契約内容を隅々まで確認して

から実行に移しましょう。




スポンサーリンク



あなたに最適な生命保険とは・・・?



生命保険の見直しを行なう場合には、どのように行ないますか?

あなたに合った最適な生命保険を選択するためには、複数の生命保険会社の保険商品から選択する必要があります。

複数の生命保険会社をあなたが自分で見比べるて、比較・検討するのは大変な作業になります。

このようなことを無料で相談できる方法があります。

その方法とは、こちらのサイトで ⇒ 保険マンモス



保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険相談ランキング1位 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス (公式サイト)




スポンサーリンク


2007年01月29日 02:59